後継者の逆襲

日本の経済の下支えをしているのは、中小企業である、という話はよく耳にします。
そしてその多くは、ファミリー経営です。

日経ビジネスonline「家族経営が日本を支えている」には

各種統計によると、中小企業は企業数の99.7%、従業者数の66%を占めるほか、製造業の出荷額で49.1%、付加価値額で56.4%を占め、小売業の商業販売額でも70.9%に達している。

とあります。
また、世界的に長寿企業が多いといわれる日本企業のうち、やはり多くはファミリー企業だといわれています。

そのファミリー企業の多くが今ピンチを迎えています。

後継者不在、社長の高齢化、
そしてそれらに伴う廃業。

マスコミは、何かが起こると家族経営の問題点を指摘し、無責任な世論を作り出します。
やれバカ息子だの、やれ家族経営はガバナンスがどうのと、悪者扱いです。
そりゃあ、会社を継ぎたくもなくなります。

いざ、後継者として入社してみれば、色々と降りかかる問題もある。
一つ一つ、積み木を積み上げるように組み上げたものが、突如として崩されることもあります。

 

日本を支えるファミリー企業の未来を担う後継者に対しては、
なんとも厳しい試練です。

どちらかといえば、創業社長とは違い、後継者の方は穏やかで人格者であることが多い、というのが私の印象です。
それはそれでよいのですが、そろそろ弾けてみる、っていうのも一つの選択肢じゃないかな、と思ったりしています。
いかがですか?
これまで口をつぐんできた後継者の逆襲、始めてみませんか?

そのきっかけづくりとして、セミナーを開催したいと思っています。
もし、ご関心がありましたら、以下のリンクよりメールマガジンにご登録いただければ、と思います。
いち早く、明日(10月21日)にご案内をお送りします。

メルマガ読者にワークショップセミナー先行案内を行います

2016年12月8日に大阪で開催予定の、後継者向けワークショップセミナーを企画しております。
メルマガ読者様には、10月21日配信予定のメルマガで先行案内を行います。
(一般募集は11月2日を予定)

少人数制での企画となりますので、ご参加希望の方はメールマガジンへのご登録をお勧めします。

メルマガ登録はこちらから。

関連記事

  1. 会社の仕組化が進まない理由

  2. 後継者が自分を変革するためにできる簡単な方法

  3. SWOT分析にはご用心!

  4. 弱点を狙いあう二人 事業承継でありがちなストーリー

  5. 後継者・経営者が経営の悩みを手放す3ステップ

  6. 親子間の確執の原因には、もう一つあった!

  7. 困った事態にどう対処するか? 同族経営二代目経営者の着眼点

  8. 同族企業のヘタレ二代目が物事を継続させるために気を付けてること

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツールバーへスキップ