事業承継で確執を生む裏の目的

親子間で事業承継を行う場合、
やはり”確執”について心悩ませる方が多いようです。
意見の対立、売り言葉に買い言葉、
まあいろんな確執があるのでしょう。

当事者はもとより、それを見ていてひやひやする周囲の人たち。
できることなら避けたいものではありますが、
確執って本当に起こってはいけない事なのでしょうか?

何度かお伝えしていますが、親子の確執は、子の成長の結果です。
自分なりの考え方を持ち始めたから、衝突が起こる。
けど、親にしてみれば、思春期の反抗期なら耐え忍びますが、
仕事の事となるとプライドもあります。
簡単に譲ることができません。
そこで、押し問答を続けてしまう、という事なんだと思います。

しかし、興味深いことに、事業承継中の親子でも、
ビジネス上では全くかかわりのない親子でも、
どうやら確執は起こるようなのです。
多くの場合は、親の過干渉からおこるケースが多いようですが。
まあ、行ってみれば親子の通過儀礼のようなものなのでしょう。

 

そう考えてみると、ビジネス上の確執もまた、
親の過干渉というケース、多いような気がします。
代を譲ってもなお、会社にかかわり続ける親。
後継者に協力的ならいざ知らず、後継者の改革とぶつかってしまう。
先代は、伝統の守り人ですから、変化を嫌うんですね。

 

ただ、ある意味厄介なのは、先代は決してあなたが憎くてそうするわけではない、という事。
心底、会社のため、あなたのため、と思っているでしょう。
正義を貫いてる親に反抗する子、という構図が親から見た確執の一面ではないかと思います。

この親子の確執を、私は一種の子供の反抗期になぞらえてお話しすることがあります。
確執は、多くの場合、子が自我(自分なりの経営)を認識し始めることから始まります。
これは、私の経験則からの仮説ですが、
確執はあるタイミングから、親が次のステージに進むための試練となります。

何度かこのブログでも何度かお話していますが、親にとって事業承継は、
事業を継続させる、という目的のほかに「裏の目的」を持っていることが多いのです。
これは本人さえも気づいていない事なのですが、
この裏の目的が確執を生んでいることに、後継者が気づくと少し気持ちは和らぐかもしれません。

 

確執はある程度、避けることが難しい問題です。
逆に言えば、それは、「前に進んでいる証」でもある、と私は考えています。
そこに、変化があるからです。
とはいえ、渦中の当人はつらい(笑)
先が見えないと、そのつらさはMAXですが、それを通過儀礼と考えれば意外と楽になるものです。

さらに、表に出てこない、裏の目的を覗いてみると、あるいは、親の行動をすこし冷静な目で見ることができるようになるかもしれません。
ワークショップではそういった事も盛り込みたいと思います。
詳細は、決定次第メールマガジンでお届けします。

ご興味があれば、画面下のボタンよりご登録ください。

 

 

 

関連記事

  1. 「他社のマネ」で成果が上がらないときの4つのチェックポイント

  2. 「なんとなく」は危険なサイン

  3. 物語から学ぶ後継者の振る舞い

  4. 後継者の「経営者の器」を満たすたった1つの資質

  5. 先代に認められなかった後継者の憤りが一瞬で消える考え方

  6. 親子経営で親子のはざまにあるものは何か?

  7. 「影響力を持てない」と嘆く後継者の方へ

  8. 組織を隔てる三つの壁 ~同族経営の二代目が知っておきたい知識

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。