2017年 私的最大の学びは?

年末です。
テレビでも、雑誌でも、
この一年を総括する特集が組まれます。
ということで、私もそのまねをします(笑)

で、私の今年最大の学び。
それは、とてもシンプルなものでした。

————————————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ
Fecebookページに「いいね!」をお願いします。
後継者の社交場「後継者倶楽部」のご案内はこちら

 

 

 

もったいつけず、ズバッと行きましょう。
それは、

ストレスは脳を思考停止状態にする

ということ。

 

なんやそれ、って感じですね。

 

究極にストレスを感じたとき、
人は、
「頭が真っ白」
になったりします。

これ、まさに思考停止というやつですね。
「あうあう」と口をパクパクさせながら、
定まらない視点、直立不動で手は小刻みに震える。
動かなきゃいけないのに、
話さなきゃいけないのに、
体を動かすことさえ忘れている状態。

 

生物学的に言うと、人は重大な問題にぶちあったとき、
こんな状態になるそうです。

慢性的なストレスにさらされると、扁桃体の樹状突起(神経細胞から枝状に伸びて信号を受け取っている突起)が拡大する一方、前頭前野の樹状突起は萎縮します。ストレスがなくなれば、前頭前野の樹状突起は再生しますが、ストレスが非常に強い場合には回復能力が失われます。

東邦大学 ストレスと脳

この前頭前野の役割は、脳科学辞典によると

●認知・実行機能 (cognitive/executive function)
●情動・動機づけ機能 (emotional/motivational function)とそれに基づく意思決定過程に重要な役割
●ワーキングメモリー
●反応抑制
●行動の切り替え、プラニング、推論などの認知・実行機能
●社会的行動を支える
●葛藤の解決や報酬に基づく選択など

ざっくりこのようにまとめられています。
前頭前野は全体として「定型的反応様式では対応できないような状況において、認知的、動機づけ状況を把握し、それに対して適切な判断を行い、行動を適応的に組織化する」というような役割を果たしている

ストレス状態に陥るとこの機能が低下します。
つまり、
ストレス状態においては、定型的反応様式を反復する傾向がみられる可能性が高い
と考えられます。

それはUCLA、デューク大学の実験で実際に実証されているようです。

 

ちょっと難しい話になりましたが、これらを要約すると
ストレス下においては、同じ習慣を繰り返す傾向が強い
ということです。

 

このことがなぜ大事な学びかというと、
後継者の多くは強いストレス下に長時間置かれているケースが多い
というところとつながるわけです。
つまり、創造的な思考をとりにくい環境で後継者はいるわけです。
逆に言うと、ストレスがストレスを生み続け、
その中で同じ行動を繰り返す。
そんな事態が起こっているのではないか?
と思うことが多々あるのです。

 

普通ならわかることがわからなくなる。
正常な状態なら、いくらでも柔軟に対応できることが、
ストレス下だとその弾力性がなくなる。
逆に言うと、そのストレスを取り除くことができれば、
親子関係がスムーズに回る可能性だってあるわけです。

それは私自身の経験的にも感じるところがあります。
そこで現実と切り離した世界で、
事業承継を俯瞰してみよう。
そんな思いから、書き始めたのが事業承継冒険化計画という記事です。

来年はこれをもう少し体系化していこうと思います。

 

————————————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ
Fecebookページに「いいね!」をお願いします。
後継者の社交場「後継者倶楽部」のご案内はこちら

関連記事

  1. 後継者・二代目経営者にとっての最大の敵とは?

  2. 木を見て森を見ず、森を見て木を見ず。後継者が知っておきたい視点を切り替…

  3. 非常時に鍛えたい後継者の判断力

  4. 後継者の「自信がない」は実は誰かとの対比で自分を卑下しているという証拠…

  5. 同族企業の後継者が自分らしい経営をするための2つの質問

  6. 理念経営がうまく行かない5つの理由

  7. 同じ1年を30回繰り返すか、ちがった1年を重ねた30年か?

  8. 家業に愛着が持てないからこそ発揮できる、後継者の卓越した能力

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツールバーへスキップ