世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の軌跡

世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の奇跡 単行本(ソフトカバー) – 2016/10/14
山中 重治 (著)

この著者は、三重県名張市にある工場の三代目だそうです。
この三代目が、会社の危機に瀕し、その再建をにない、事業転換するさまがリアルに描かれています。
これまで、取引先から相談されて、それを契機に商品開発を行っていたものを、自社でニーズを創造するような商品開発のスキームを作り上げる様ステップは、製造業で働く後継者にはとても参考になるのではないでしょうか。

地理的にも不利な場所でのビジネスではあるものの、それを逆手にとっていち早く海外展開を始めた様子もとても参考になります。
結婚を目前としたある日、先代に東南アジアでの工場稼働のプロジェクトを任されたときの葛藤、
逆に、先代の目から逃れた海外でののびのびとした仕事、
そういった所に後継者の目からみた景色なども非常に共感を得るものがあるのではないでしょうか。

ご購入はこちらから

 

 

関連記事

  1. きょうだいコンプレックス

  2. 成功者はなぜ、帝王學を学ぶのか?

  3. タップ 

  4. 価値創造の思考法

  5. 脳は「ものの見方」で進化する

  6. チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実…

  7. 後継者が「もう会社に一日たりとも行きたくない」と思い始めたら即座にやる…

  8. 武田家滅亡に学ぶ事業承継

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。