人生100年時代の人生設計からかんがえる、事業承継の今

「人生100年時代」という言葉がもてはやされたのは、2017年だったかと思います。
私の知る限り、その元ネタは『ライフ・シフト』というリンダ・グラッドンの著書だと記憶しています。

この本を非常にシンプルに表現すると、従来の人生のステージは、学びの期間である学生時代があり、長い働く期間があり、老後があるという3つのステージにわかれていました。
しかし、人生が100年という長さになるにつれて、20歳前後までの学習期間における学びで生涯をカバーすることは難しくなってきていると言います。したがって、一旦学び直しの期間を経て、新しい世界に飛び込むことを推奨しています。

学び→働き→老後 から
学び→働き→学び→働き という流れが必要と言います。

これを企業に当てはめると、けっこうしっくりくるように思うのです。

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

後継者の社交場、後継者倶楽部はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
後継者ONLINE倶楽部

 

学び→働き→老後 というこれまでの3ステージ。
これはまさに、中小企業の比較的よく見かけるパターンではないかと思うのです。
創業社長が何かしらの思いを持って起業し、そのビジネスを作り上げ、社長の高齢化とともに会社の勢いが衰えてくる。

一方、人生100年時代においては、学び→働き の後には、これまでの専門分野とは違う分野の専門性を持ち、過去の経験と新たに学んだ専門性を掛け合わせて発揮するよう『ライフ・シフト』では推奨されています。これはまさに中小企業の事業承継に当てはめやすい気がします。

人生100年という部分を、会社の寿命と考えてみましょう。
かつて企業の寿命は30年前後と言われていました。(近年は10年も持たないという説もありますが……)
この30年前後というのは、一つの学び→一つのビジネス→創業者引退という流れと結構合致するように思います。
ここに、一つの学びから一つのビジネスを興し、このビジネスがちゃんと勢いのあるうちに、次の学びを加えて新たなビジネスを創造する。そんな流れができることで、会社の寿命、それも健康寿命が大きく伸びるような気がします。

なかなか事業承継がうまくいかない背景には、会社の寿命を延ばそうという事業承継が、昔ながらの一つの学びで、一つのビジネスで100年持たせようとしてきたという部分があるのかもしれません。
時代の流れはなかなかに早いので、40年前の事業承継とは少し空気感が違うのかもしれません。

また、もう一つの問題は、経営者の高齢化というか、かつてはあり得なかった年齢まで創業社長が働けてしまうこと。
そのあたりの問題点は、以下の動画にまとめておりますので、関心があればどうぞ。

——————
最近、Clubhauseに時々出没します。(飽きたらやめるかも…)

タイミングよくこの―ページに出会った方には、このリンクからどうぞ。

2021年6月29日18時スタート(約一時間の予定)

https://www.clubhouse.com/event/PraWoeXl

田村薫kaoru tamura ID @kao345
Yuka Wakabayashi ID @shiawase_shacho

 

—————————————–
後継者としての生き方に迷ったら、同じ境遇の仲間と意見交換しませんか。
まずは自分にとっての安全な場所を確保しましょう。

もしかしたら、未来の仲間やメンターとであえるかも・・・?
個別のご相談なども受けております。
よかったら、後継者専用オンラインコミュニティにお越しくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
後継者ONLINE倶楽部

 

本が出版されました!
関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

■後継者向けセミナー開催日程はこちら

関連記事

  1. SWOT分析にはご用心!

  2. ビジネスに手詰まりを感じた時、後継者が考えたいこと

  3. ボンボン二代目経営者、窮地に陥る~自分の決断を自分で支持できたときの強…

  4. 次世代の後継者が大事にしたい3つの心構え

  5. 2人で残業しながらやっていた仕事を1人で定時に終わる仕事にした後継者の…

  6. 二代目社長・後継者が感じる「怒り」は事業承継に吉と出るか?凶と出るか?…

  7. 先代と後継者・二代目社長の関係を欲望の視点と受容の視点から見てみると何…

  8. 事業承継の目的は、一致しないことが多い?