「影響力を持てない」と嘆く後継者の方へ

とりあえず、後継者が一定の立場に昇進しました。
しかし、相変わらず社員や取引業者は、先代のもとに相談に行く。
後継者にしてみたら面白くないわけです。

先代だって、「お前がやれ」といったんだから、
自分のところに来る相談事を「これからは後継者に」って振ればいいのに。
そう思っていると、面倒くさい事だけが下請けのように振られる現実。

勘弁してよ、と後継者は心を閉ざす。

これ、よくある光景です。

二代目がとりあえず、リーダー的立場になりました。
すると、その朝から何かが変わるのか?
というと、中小企業の場合は、それはないです(笑)

意気揚々と出社しても、今までと同じように社内は動きます。
社外の取引先も、先代を中心に動きます。
いつもと同じように。

ちょっとだけ違うとしたら、先代のところでは、全情報を握りつつ、
面倒くさそうな話だけ後継者におりてきます。
先代の下請け?秘書?的な立場、決定です。

 

いやー、これ、やる気なくなりますよね。
変な責任だけ任されて、決定権はないみたいな感じです。

 

すると、後継者はシャカリキにアピールしだすんですね。
「オレは(私は)ここにいるぞー」って。
存在感示すために、でっかい花火を上げなきゃいけないとか、
社内に何かしらのインパクトをおこす改革するとか。

 

なぜわかるかって?
やっぱり私もそういう過程を経験してます(笑)

 

社外の取引先はともかく、少なくとも社員に対する影響力は持っておきたい。
そういう思いを強く持っていたわけです。
けど、社員って賢いもので、上手く社長(私)と、会長(父)を使い分けるんですね。
私的には、「おいおい、君たち、社長は俺だよ、俺。」と心でつぶやくのですが、
まあ彼らはやりやすい居場所を探しているわけですね。

 

先代の声が大きいから、それ以上に大きい声を出すとか、
先代の考え方が古いから、それを全否定して時代とのギャップを訴えるとか、
私自身の考え方を繰り返し繰り返し語るとか、
いろんなこと試してみましたが、影響力は一向に高まりません。

後に学ぶのですが、何を言うかは実は影響力を持つにあたって、
決して重要な要素ではなかったのです。

 

それは、ただ
「社員の話に耳を傾けた」
という事と、
「隠しごとをしない」
というたった2つのポイントに気を付けただけです。

 

なにかをいくら語っても、人を動かすことはなかなか難しい。
しかし、相手の話をきちんと聞いてあげることで、
相手の中の自分の存在感は刻み込まれます。

隠しごとという意味では、当社においては父は隠しごと大好きでした(笑)
「好き」というと変な表現でしょうが、ファミリー経営ゆえの、
他人に言えないことがたくさんあると考えたのでしょう。
別に、ファミリーにえこひいきしているわけではないはずなのに、どこか後ろめたい気持ちがあ
内緒話にしたがるのです。

しかし、隠された情報は暴きたくなるものです。
それを白日ものとにさらすと、関心は一気に萎えてしまいます。
だから、家庭の内情なんかも含めて、全部ぶちまけてやりました(笑)
親子の確執や、社内にいる弟への私の感情も含めてね。

まぁ、隠しごとをしないといっても、限度はあるのでしょうが、
そこの取捨選択はご自身の自己責任でお願いします。

無意識にとったこの行動は、実は理にかなっていたようです。
『カリスマは誰でもなれる』(オリビア・フォックス・カヴァン著)によると、
カリスマを構成する要素は、

①プレゼンス ②パワー ③誠意

なのだそうです。

相手の話を聞くという行為が①に、
隠しごとをしないという行為が③に対応していたようです。

(このあたりの詳細については、メールマガジンのバックナンバーで詳しく解説していますので、
よろしければメルマガをご登録下さい。)

 

結果、社員のみんなは、誰に従うべきか、きちんと把握しています。

 

 

関連記事

  1. 同族企業のヘタレ二代目が物事を継続させるために気を付けてること

  2. 理不尽を、理不尽で返していないか?~後継者と創業者の対立

  3. 成果を上げる3人の二代目経営者の共通点

  4. 今60歳代の二代目と、今40歳代の二代目

  5. 事業承継で打つ手が有効に機能しない理由

  6. 38.6度の後の37度はこんなに楽。

  7. 後継者がマーケティングを学ぶべき3つの理由

  8. 後継者が気をもむ親の事業の将来性

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツールバーへスキップ