「理念の継承」という戯言

事業承継の情報って、今やネットで気軽に探せるようになりました。
けどね、ほとんどの情報は、なにそれ?って内容のものが多い。

例えば、
「事業承継は理念の継承だ」
みたいな話。

頭ではわかるけど、どうするかがわからない。
そんな混乱を招きがちなのが、教科書めいた情報です。

私自身、今になって考えてみれば、「理念の継承」なんていう言葉も、
なんとなくわからないでもない。
しかし、現場で悪戦苦闘する二世経営者にとって、
こういう指導は上滑りの原因になります。

 

ある後継者はこんなことをおっしゃってました。
「経営理念は大事。だから、明文化したんです。」

私は聞き返します。
「スバラシイ。で、何か変わりましたか?」

後継者「ぜんぜん・・・。それが悩みです(苦笑)」

そもそも、「理念」なんていう言葉を使った時点で、先代は渋い顔をしませんか?
先代は理念なんて持っていたのか?なんて疑問もわいてきませんか。

先代からも拒否られて、何のために作るんだって話ですね(笑)

 

それこそ、100年とか続く老舗企業だと、
家訓的なものがあってそれが経営理念そのものだったりします。
しかし、一般の中小企業の多くは、経営理念なんて明文化してないし、
明文化されても、形骸化してませんか?

耳障りのいい言葉を並べただけの経営理念を、毎日唱和しているだけ。
現場の大きな判断をするに際して、その理念をベースにしてる企業なんてほんの一握りですよね。

いくらとってつけたような理念作ったって、
会社は良くなりません。
先代は、それを体感的に知ってるから、
「理念で飯が食えるか!」
みたいになりがちです。

 

しかし、社内にはすでにいきわたった価値観があるはずです。

 

中小企業にとっての理念というのは、実際のところ社長の価値観そのものです。
社長の生き方そのものといっても過言ではないでしょう。
なにしろ、独裁政治ですからすべての判断を社長がやってます。
つまり、理念の継承というのは、先代の価値観の継承という事にほかなりません。

では、先代の価値観ってどんなものでしょう?

「一国一城の主になる事」なのかもしれないし、
「ビジネスマンとして成功する事」なのかもしれない。
もう少しマイルドなものだと、
「自分の商品を世の中に広める事」なのかもしれない。

まぁ、このまんま理念にするにはちょっと角が立ちすぎですね(笑)

それはヒントにはなるかもしれませんが、意識しすぎる必要はないと思います。
社員を総入れ替えでもしない限り、先代の癖は社内に残ります。
なによりも、その先代の想いを一番肌で感じられるのは、
後継者ではないでしょうか。

 

社内に残る先代の価値観を取捨選択して、
残すものと、捨てるものに分ける。
この事こそが、後継者の仕事の一つですね。

そこで、いきなり理念を振りかざすというより、
後継者が肌で感じた想いを、これからの会社の未来を見据えたうえで言語化する。
やってることは理念の継承なのですが、
理念の継承から入るより、ずっとわかりやすいと思いますよ。

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 「すぐやる」が望ましい人と望ましくない人 後継者の行動のヒント

  2. 物語から学ぶ後継者の振る舞い

  3. 親子経営で親子のコミュニケーションが取れない理由

  4. 仲間では協力し合えるのに、なぜ上司と部下は壁ができるのか?~同族経営の…

  5. お客様の困りごとをどれだけ知っていますか?

  6. 後継者が自分を変革するためにできる簡単な方法

  7. 社員が後継者であるあなたと同じ言葉を使い始めるための3ステップ

  8. 後継者があるタイミングで迫られる決断とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツールバーへスキップ