先代と競ってはいけない

ある後継者と話していた時、その方はこんなふうにおっしゃっていました。
「今のままじゃぁダメだとは思うんですけどねぇ・・・」

そのあとに続く言葉は、

  • 何をやっていいのかわからない
  • 自分にできるかどうかわからない

といった感じでしょうか。

 

なんとなく将来に不安はあるんだけど、今の日常の中で先の事を考えることができない。

そんな人が多いような気がします。

なにしろ、今、ちゃんと食べるための事業は安定して回っているわけです。
後継者の立場としては、これを安定した状態を保つ事に一生懸命じゃないかと思います。
だけど、このままじゃいけない。
そんな気持ちが、起こってくるんですね。

その不安の正体って、いったい何なんでしょうね。
人にもよるでしょうが、私に関していえばやっぱり先代の偉大さだったんです。
あんな風になれないな、という不安が非常に強かったし、
そのことがコンプレックスでもありました。

 

けど、あるタイミングで、すごく楽になったんです。
それは、「あんな風にならなくていい」という事がわかったからです。
どう考えたって、先代を目指したって縮小コピーにしかなりません(笑)
だから、目指さないことにしたんです。

そうすると、何が起こるかというと、今まで無視してた情報が、
一気に自分にとって重要な情報になり始めました。
月並みな言葉ですが、ブレークスルーってやつですね。

 

今、皆さんの多くは、
事業や会社や社員を守るために自分がいる
という感覚が強くはないでしょうか?
そうすると、どうしても後継者の強みがきちんと発揮できないこともあるんですよね。

そうじゃなくて、事業や会社がどんな価値をお客さんに提供してきたか?
っていう視点で見ると自由度はグンと増します。

そんなアドバイスとともに、未来の絵を一緒に描いてみると、
その後継者の人、目の色が変わっちゃいました。
自分の本当の才能を、今の会社で発揮する方法を見つけられたようです。

 

後継者の立場で、会社の未来を考えるワークショップなどを企画しています。
テスト開催などのお得情報や、セミナー情報を随時メルマガ登録者優先でお届けします。
ご登録はここをクリック。(携帯キャリアのメールは不可)

 

 

 

関連記事

  1. 後継者の意識に上る「〇〇してはいけない」という考えはどこから来るのか?…

  2. 兄弟への承継にたいする私の回答

  3. 忙しさは罪

  4. 後継者が創業社長を操るための7つの戦略

  5. 創業者と後継者の確執を防止する、あり得ないくらい簡単な方法(2)

  6. 事業承継時に、創業者が手放すべきもう一つの権力

  7. 文章を書ける人と書けない人の違い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。