後継者の前に現れる問題を書き出してみるとわかる事

中小企業の後継者はとかく制約が多い。
やりたいと思っていることは、反対される(かもしれない)。
お金のかかることは嫌みを言われる(かもしれない)。
社員は先代のほうばかりを見る(かもしれない)し、
取引先も、先代にもみてする(かもしれない)。

会社はこの先どうなるかわからないし、古臭い体質が腐臭を放つ。
もうやってられない、と感じるのは当たり前・・・なのかもしれません。

——————————————
後継者向けセミナー開催日程はこちら

小冊子無料ダウンロードはコチラ
Fecebookページに「いいね!」をお願いします。
後継者の社交場「後継者倶楽部」のご案内はこちら

 

 

 

上手くいかない、思うようにできない。
そう感じる後継者は、一度その内容をすべて書き出してみていただきたい。
10個でも、100個でも。
もうこれ以上出てこない、と思うまでひたすら書き出す。

で、そのリストができれば、分類してみましょう。
あなたがコントロールできることと、できないことに。

 

いかがでしたか?
たぶん、コントロールできないことのほうが圧倒的に多くないですか?
もしそうだとすると、それはあなたにとっての環境です。

この話はいったんおいておいて、ここで少し自動車を運転するときのことを考えてみてください。
あなたは車を運転し、信号のない交差点に進入します。
左から来る車に注意を払いながら、交差点に入るわけです。
しかし厄介なことに、左の視界は駐車車両で一部遮られている。
車が止めてあるから、非常に安全確認がやりにくい。

それでも気を付けて道路に侵入すると、駐車車両の影からバイクが飛び出してきて接触。
相手は転んで相当な傷を負っています。
バイクの人を介抱しながら、119番に連絡を取る。
はじめのうちは、その人に対して申し訳ない気持ちでいっぱいだけど、ふと思い出す。
そもそも、あの駐車車両がなければ・・・
バイクだってちゃんとこちらを確認していれば・・・
オレが悪いんじゃない。
駐車車両とバイクだって悪いんだ。

 

よくある責任転嫁です。
この例では、たまたま視界を遮ったのが、駐車車両でしたが、
左の視界を壁が妨げることだってあります。
バイクだってこちらは予測していなかったから「飛び出してきた」という認識ですが、バイクのほうはそうは思っていないかもしれない。
法律上は、どんな状況であれ、状況に合わせて運転すべきドライバーの責任を逃れることはできません。
車が動いている以上は、事故を起こせば割合の多寡はあれ、ドライバーには責任が伴うのです。

 

話を元に戻しましょう。
後継者の悩みの多くは、「環境」に対する問題だと言いました。
自分以外の誰かが悪いとか、自分以外の誰かが邪魔をするとか、自分以外の誰かが意にそぐわない行動をするとか。
そしてそういった環境の多くは、コントロールが難しい。
駐車車両を「視界が悪いからどけてくれ」といったところで誰もどけてくれないのと同じ。
自分がやりたいようにやるから、黙っていてくれと言っても黙るはずがない(苦笑)

そこで人は、一般的に「環境」を変えたくなる。
じゃあ、環境をかえたらすべてうまくいくのでしょうか。
恐らく万事オッケーというわけにはいかない。
違う環境に身を置けば、違う悩みが必ずと言っていいほど出てきます。

もちろん、環境を変える事を制止するつもりはありません。
しかし、今の考え方であり続ける以上は、悪いのは自分ではなく、周りの状態という思考パターンを続けることになります。
その考え方を変えない限りは、永遠にコントロールできない問題に頭を悩まされるのではないでしょうか。

これは私自身の体験談でもあります。
親が悪いとか、環境が悪いと考えているうちは何一つよくはなりませんでした。
どんな場所であれ、自分はどうありたいかを追求していくことで、少なくともすとれるの大半は霧散しました。

事故を起こしてすぐは、自分を責めるものです。
あの時こうしていれば・・・と。
しかしだんだんと冷静になってくると、自分を守るために責任転嫁を始めます。
あいつが悪い、あの状況が悪い、と。
その責任転嫁をやめて、自分がどうあるかを考え始めたとき、事態は好転するもののようです。

あなたが今気になる問題は、環境の問題ですか?
それとも・・・?

——————————————
後継者向けセミナー開催日程はこちら

小冊子無料ダウンロードはコチラ
Fecebookページに「いいね!」をお願いします。
後継者の社交場「後継者倶楽部」のご案内はこちら

関連記事

  1. 後継者の「ツラさ」を軽くする一人でできる簡単対処法

  2. 家業に愛着が持てないからこそ発揮できる、後継者の卓越した能力

  3. 後継者が”正しいこと”を追求し始めると親子の確執が生まれるというジレン…

  4. 後継者に足りないもの

  5. 自分が一番うまくできるというジレンマとどう付き合うか?

  6. 後継者が現状を笑い飛ばせるくらい楽になる方法

  7. 社員の離職率の激しい会社と定着率の良い会社にみる意外なリーダー像

  8. 後継者である私が自由になった3つの理由

ツールバーへスキップ