あなたについたキングボンビーを無効化するのに必要なことは?~後継者から見た会社の景色

多分、後継者や二代目経営者なら、誰もが経験したことがあると思います。
何日もかけて、何週間もかけて、何か月もかけて、時に何年もかけて。
大変な思いで、作り上げてきたもの、打ち出してきたもの、表現してきたこと、
これが一瞬にして無効化されることを。

はじめに言っておくと、誰も悪くない。
そこに悪意があるわけではないのです。
しかし、結果として、一生懸命作り上げた砂山が、一つの波でさらわれてしまうかのように、
あなたの努力が、まさに水泡に帰するとことがある。

だれしも悪意がないから、振り上げたこぶしを下すところもなく、ただ悔し涙を目にためてひとりたたずむしかない。

こんにちは。
中小企業二代目サポーター田村薫です。

小冊子無料ダウンロードはコチラ
Fecebookページに「いいね!」をお願いします。
後継者の社交場「後継者倶楽部」のご案内はこちら

 

ある二代目経営者の話です。

 

ある日、先代から言われました。
明日からお前は、代表取締役だ。
目の前には、何やら書類がいろいろと出され、実印を押すよう指示される。

その中には、この商売をやるための保証人としての印鑑。
私が反対した、事務所建設費の借り入れの保証人としての印鑑。
そんなものも含まれていました。

 

で、何が変わったと思いますか?
答えはシンプルです。
何も変わらなかった。

責任は譲られ、それ以外のものは何も受け取ることはありませんでした。
あいかわらず、社内で声が大きいのは先代。
あいかわらず、社内で報酬が最も大きいのも先代。
あ、そうそう、売り上げ数字の責任は受け取りましたかね・・・苦笑

 

知らぬ間にゴルフ会員権を買っていたこともあったし、
先代の乗る社有車の買い替えだって私に何の相談もありません。

はじめは、そんなことを期待したわけではないんです。
せっかく代表になったんだから、せめて社内の事は任せてほしいと思った。
そこでいくつか考えたことがあったわけです。
広告戦略にそこそこお金を使いたかった。
しかし、経理を見ている先代の奥さん(母)は常に「お金がない」が口癖。
会社のお金を、会社のために使うのに「また無駄遣いを・・・」と嫌味たらたら。

 

ならば、と社内のマネジメントを少し考えよう。
お金をかけずにできる事を、と考えたわけです。
社内の一体感を作り上げるために、風通しのいい組織をつくろうと考えます。
そのコミュニケーションの機会をたくさん作りました。
しかし、あるとき、我慢の限界が来たのでしょう。
先代は、みなを前にして
「何をちんたらやってるんだ!結論は決まってるだろ。」
と声を荒立てる。

ちょっとずつ、自分の考えを口にし始めた社員は、その怒鳴り声を聞いてまた貝のように口を閉ざしてしまう。
少しでも会社に活気を、と思ったのに、就業時間の社内はシー――ン。
静かなだけではなく、どんよりした空気が流れます。
先代が会社を出ると皆同時に顔をあげ、ホッとした表情をする。

 

けっして定着率の良くない職場。
小さな組織なので、人が辞めればその教育係は後継者。

そうそう、最近、いろいろとコンプライアンスなんていう言葉がよく言われます。
けど、後継者から見た先代は、儲けの事しか頭にない。
先代はそんな面倒くさいことやってられない、とばかりに完全無視。
いやいや、コンプライアンスがらみで問題が出たら会社は一発アウト。
ビジネスを続けられないんだから、今日の売り上げがあったって全く意味がない。
そんな進言をしたものの、「そうだな」と納得したふりをするものの、次の瞬間はまったく分かったような行動は示されない。

 

ところで、桃太郎電鉄というゲームご存知ですか?
言ってみれば、テレビゲーム版のすごろくのようなものです。
そこで、強烈なキャラクターとして「キングボンビー」というやつがいます。

それは、あるきっかけでプレイヤーの駒についてきます。
そうして、自分のターンが来るたびに、
・勝手に資産を安値で売却しまくる
・勝手に不要なツールを高値で買いまくる
という、プレイヤーに不利になることをあり得ない勢いでやりまくるわけです。

今までトップを走っていても、キングボンビーが付くことで最下位に落ちることも少なからずあります。
一生懸命積み上げてきたものを、一瞬にしてなかったことにする疫病神です。

 

不謹慎かもしれませんが、こんな後継者と先代の関係を見ていると、後継者から見た先代はまさにキングボンビーなのかもしれません。
一生懸命自分なりの想いで積み上げてきたものを、あっという間に無効化してしまう。
そして厄介なことに、キングボンビーは、プレイヤーの邪魔をしているとは考えていない。
つねにキングボンビーのセリフは「○○(プレイヤーの名前)のために××をしてやったんだよ」という事後報告。
そう、キングボンビーは、プレイヤーのために働いているつもりなのです。

 

先代をそんな疫病神に例えるなんて、お叱りを受けそうです。
ただ、後継者がきつい時期、先代の事をそうみてしまう事があるとしても、私は笑うことはできません。
やはり、先代は後継者のために、後継者が望まないことをやることがあるのです。それも、”善意”で。

 

だんだんと自分の道が見えなくなる後継者ははじめに、先代を変えようとします。

しかし、残念ながら、先代の行動を止めるのは、キングボンビーを止めることができないのと同様、ほぼ不可能でしょう。
ひざを突き合わせて、話し合いを重ねれば、その可能性はないわけではない。
しかし、その話し合い自体が難しい。
感情的になりますよね?
根本的な価値観において分かり合えないことが多いのです。

先代を変えようとするから、うまくいかないことにイライラがつのる。
そのイライラは、あなたからさらに冷静さを奪います。

 

そんな時にお伝えしたいアドバイスは、
気にするな
です。

 

拍子抜けする話かもしれませんが、期待すれば裏切られたときにストレスが増大します。
どうせそんなもの、と思うことができれば思った以上に楽なものです。

さて、この問題、何かをやったから一気に解決しました!
という話は残念ながらあまり耳にしません。
そういう意味では長期戦です。

その時に必要なのは、何があっても大丈夫。
そう思える心の余裕ではないでしょうか。
これをできなければ、アウト。
こうしなければ、もう終わりだ。
こんな風でなければ、絶対にダメ。
そんな思いは、あなた自身を苦しめるばかり。

何とかなるさ。
そう思うことができれば、100倍楽になるし、楽になれば今まで見えなかったことが見えてきます。

 

そんな視界を広げるために、同じ境遇にある人たちと交流することは、実は意外と大きな価値があるのではないでしょうか。
お互いを高めあう場所。
しかも、「お互い大変だね」と分かり合える仲間。
そんなコミュニティを作りたいな、と常々思っていました。

 

いよいよスタートさせました。
もしよければ、以下のリンクからご確認ください。

後継者の社交場「後継者倶楽部」のご案内はこちら

 

関連記事

  1. 辞める、追い出す、ついていく、の他の選択肢  後継者のひとり言

  2. 困りごとの解決策を探さない人々

  3. 後継者が社内の主導権を握る方法

  4. 金縛りのように動けなくなる後継者・二代目経営者の心の奥にあるもの

  5. ポジティブ発言に感じる違和感

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツールバーへスキップ