アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書

アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書

マーク・ロベルジュ

どんな会社にも、営業担当社員はいるのが普通。
で、その普通の営業で、普通にやっている事。
これが、本書の分析によると、あまり良くないことが多いといいます。

たとえば、積極的な社員を営業担当として採用する。
営業社員の育成方法として、トップセールスの人間に同行させる。
いずれにもダメ出しをしているのが本書。

営業社員を採用し、育て、評価する。
この一連の流れを、社員数名で始まったベンチャー企業を
売上100億円企業に育て上げた著者が語る一冊。

本書から、気になった言葉を動画で紹介しています。
よろしければご覧ください。


関連記事

  1. 先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?

  2. 一瞬浮かんだことを意識してみる練習~やりたいことが見えない後継者の方へ…

  3. 価値創造の思考法

  4. 社長! 会社を継がせたいならココまでやっておかなくちゃ!

  5. 持続可能な資本主義

  6. スケーリング・アップ

  7. 二代目が潰す会社、伸ばす会社

  8. 後継者が「もう会社に一日たりとも行きたくない」と思い始めたら即座にやる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。