アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書

アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書

マーク・ロベルジュ

どんな会社にも、営業担当社員はいるのが普通。
で、その普通の営業で、普通にやっている事。
これが、本書の分析によると、あまり良くないことが多いといいます。

たとえば、積極的な社員を営業担当として採用する。
営業社員の育成方法として、トップセールスの人間に同行させる。
いずれにもダメ出しをしているのが本書。

営業社員を採用し、育て、評価する。
この一連の流れを、社員数名で始まったベンチャー企業を
売上100億円企業に育て上げた著者が語る一冊。

本書から、気になった言葉を動画で紹介しています。
よろしければご覧ください。


関連記事

  1. 未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する

  2. 成功者はなぜ、帝王學を学ぶのか?

  3. なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践

  4. 抵抗勢力との向き合い方

  5. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考…

  6. 社長! 会社を継がせたいならココまでやっておかなくちゃ!

  7. やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝…

  8. 脳は「ものの見方」で進化する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。