後継者

後継者が孤軍奮闘に陥りやすい理由 ~自分の力量にこだわりすぎていないか?

家族経営の会社を引き継ぐ後継者は、あるものを求めがちです。
ある物とは、自分に対する評価。
というのも、後継者としては、親の会社を引き継いで会社を強く大きくしたと評価されたい。
しかし実際のところは、親も周囲の人たちも、「あくまで先代の基盤があったから」という話に落ち着きがち。
後継者が評価されることは非常に少ないのです。

人はないものを求めがちです。
その結果、後継者は自分自身への評価を強く求めて、組織が機能不全になったりすることも多いのです。


私の著書です。

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

親の会社を継ぐ技術

親の会社を継ぐ技術

 

 

 

 

 

 

 

 


たとえば、会社の売上が上がったとします。
社内的には、営業を頑張った営業部門であるとか評価されたりします。
社外からは、あくまで先代の基盤があるからと評価されます。
その上に、先代はいつまでたっても、
「後継者が育っていないから引退できない」
なんて言葉を口にしがち。

後継者としてはこんなに頑張っているのに、
誰一人認めてくれない、
という状況に陥ることがとても多い。

そうすると、やっぱり「自分も認めてほしい」という思いが湧きあがります。
結果として、後継者は「自分が評価されること」を一生懸命やろうとします。
仕事の個別の作業について、徹底的に練習するとか、
一人の営業マンとして一流を目指すとか、
社外における経営者団体などで役員を頑張るとか、
どこでもいいので、評価される場所を求めていきます。

その結果、社員はこう感じます。
「後継者は自分たちのこと見てくれず、自分の事ばっかり」
という事になります。

結果として、社員は後継者のやることにあまり協力的ではなかったり、
むしろしらけムードになったりもします。

ここで何が起こっているかというと、後継者は独りよがりになってしまっているのです。

もしその状況に陥っていることに気付いたら、どうすれば良いのでしょうか。
実はやることはシンプルです。
社員一人一人と、絆を結べばいいのです。
速い話が、彼らの話を聞き、彼らのいう事を尊重してください、という事です。
それを行い、人間関係が出来てくれば、次第に仲間意識が出来てきます。
大事なのは、自分こそが前に出るというのではなく、みんなで作っていこうという空気作り。

頑張ってみて下さい。

 


私の著書です。

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

親の会社を継ぐ技術

親の会社を継ぐ技術

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. リーダーが行うべき2つの仕事(下)

  2. 中小企業の後継者が備えたいアフターコロナの世界

  3. 後継者なのに会社に行きたくない

  4. 親子の事業承継で、後継者・跡継ぎと先代のギャップを考える

  5. 下着市場のライバルが下着メーカーではなくなった現在

  6. 後継者・二代目経営者が最も大事にすべきものは組織

  7. 中小企業は競争してはいけない~後継者の戦略

  8. 「経営者の器」のつくり方