後継者

事業を承継した跡継ぎと工場問題

先日あるお客様からご相談を賜りました。
化学系の工場なのですが、近隣住民からのクレームがひどい、と。
親の代には、この界隈、同業の工場がたくさんあったのですが、次々と宅地化されて、
以前からここにいるのに肩身がせまい、と。


私の著書です。

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。


親の会社を継いだ後継者がよく耳にする言葉があります。
「お父さんの時は、そんなこと言わなかった」
「おかあさんの代では、もっと融通利かせてくれた」
私も経験があります。

当時はコンプライアンス(法令順守)なんて言葉ありませんでした。
法律よりも顧客の利便性。
ルールを逸脱しても、顧客がメリットを感じてもらうということが一番大事な事でした。
しかし、ちょうど親世代から私たち世代にバトンタッチされる中で、

・個人情報保護
・各業界の法律
・広告などへの規制
・ISOなどのマネジメント基準の導入
・内部統制の強化
・労働環境の整備(労働訴訟の一般化)

などなど。
とにかく、法律やルールが何よりも優先される世の中になりました。
それは当たり前と言えば当たり前だし、法律やルールはだいたい消費者や労働者を守るためにできてますから、みんなハッピーな方向に行っているはずなのに、なぜかそこから文句が出てくる。
そしてやり玉に挙げられるのが、後継者自身です。

みなさん、時代が変わったとは考えず、「息子の代になって冷たくなった」「四角四面な後継者」なんて評価になりがち。

 

そんな時代の中で、今までは工業団地的な地域だった場所も、だんだんと宅地に変わっていったりしています。
気が付けば、周囲はすっかり住宅街で、自分の工場だけがぽつんと取り残されてる状態。
そこでずっと頑張ってきて、誰よりも早くこの地にいるのに。
たとえば、化学工場だとクサいとか、火事や爆発が怖いとかでクレームが入る。
金属加工の工場なら、騒音とか、金属くずとかが困ると言ったクレームが入る。
そのほか、仕入れや搬出のトラックが危ないなどとクレームが入る。
始めからいた人たちがむしろ肩身が狭くなっていきます。

こういう時、後継社長はどうすればいいのでしょうか。
1つ頼れるのは、自治体では工場移転などの補助金を出しているケースもあるので、そんな事を調べてみるのもいいかもしれません。
あるいは、そういった事業の必要性について、もう一度考え直してみる必要もあるかもしれません。
もちろん、そこにい続けて、住民の方と如何にコミュニケーションを取るかということを考えるのもアリです。

で、何が言いたいのかというと、幸か不幸か、私たちは親と同じようにビジネスをやり続けることはできない、ということです。
親のやってきたことをなぞれば上手くいく、という部分も確かにあるかもしれません。
しかし、それではうまくいかない事の方が多いわけです。
それでも切羽詰まるまでは気付きにくいことなのですが、常にそういった視点は必要かな、と思います。

クレームにどう対処すればいいか?という小さな視点では見えないことがたくさん出てきます。
ぜひ、少し引いた視点で日々起こる事を眺めてみてください。
そういったクレームの中には、逆に、未来につながるヒントがあるはずです。

 

関連記事

  1. 後継者がどん底に落ち込んだときに考えたい考え方

  2. 後継者が学ぶべきビジネス知識 必須科目が多い後継者は何を優先させるべき…

  3. 後継者・跡継ぎは「ギャップ」を意識して苦しみ、「トラブル」を織り込むと…

  4. 二代目経営者・後継者は一人で悩んではいけない!?

  5. 後継者は起こっている現象にとらわれ過ぎると物事を余計にややこしくしてし…

  6. 後継者の意見が会社の中で通らないとき何が起こっているのか?

  7. 立派な後継者になるための3つのステップ

  8. 親の会社を継ぐ後継者が身に着けるべきたった一つのスキル