【8】事業承継 冒険化計画 ~夢はあるか?~

事業承継を冒険になぞらえて考えてみよう。
それが、このコラムのテーマです。
その狙いの一つは、あなたに”部外者”の目を持っていただくこと。

後継者は、とても精神的にきつい状況を経験します。
その渦中にあっては、吐きそうなくらいのストレスをお持ちでしょう。
しかし、リスクもなく、外野として、お気楽に事業承継を眺めてみる。
それが、本コラムの目指すところです。

決死の戦い

敵の弱点

最大の敵を前に、正面突破を決断したリーダーであるあなたに、クルーの一人がある提案をしてきます。
前回はそんなところで終わりました。(詳細は前回のコラムをご参照ください→【7】事業承継 冒険化計画 ~後継者にとっての最大の敵は?~

クルーは、怪物を観察してあることに気づきます。
攻撃姿勢をとる怪物には死角があることに。
あの大きな頭についた小さな目では、正面以外の視界は狭い。
怪物の視界をそらすことができれば、なんなく突破できるのではないか。

「俺が怪物の目をそらしてるうちに、島へ上陸しろ」
クルーはそう提案しました。
しかし、リーダーであるあなたは、それを許しません。
「そんな危険なことをさせるわけにはいかない」

それでも彼はひきません。
残された自分の家族によろしく。
そういって、怪物の正面に出ていきます。
彼が怪物と対峙する。

その様子を見届けることなく、リーダーは歩みを進めます。
彼の家族のために、宝を持ち帰ってやらねば。

上陸

リーダーと残されたクルーは、島へ上陸しました。
見事お宝を探し当てます。

お宝を満載する船は帰路につきます。
船を出そうと岸をでると、そこここに、怪物の死骸。
犠牲となったクルーが命と引き換えに、怪物を退治したらしい。

ホッとするのもつかの間、目の前の海底から忍び寄る影。
それはこれまでの10倍のサイズはあろうかという、怪物の親玉。
慌てふためくクルーをよそに、リーダーは覚悟を決めます。
「あとはたのんだ」
飛び出したリーダーは、怪物の背中に飛び乗ります。
木の枝で作ったやりは、怪物の背中をどれだけ突いたところでだーめじを与えることはできません。
怪物の首をよじ登ろうにも、動きが激しく、リーダーも背中に足止め。

そこに、首を傾けた怪物の大きく開かれた口が、リーダーの目の前に広がります。
「俺は、何もできずに、怪物に食われるのか・・・」
リーダーは覚悟を決めました。

・・・つづく

すべてを投げ出すクルー

後は頼む

大抵の娯楽映画では、犠牲がつきもの。
不謹慎ではありますが、誰かの犠牲の上に物語が進んでいくほうが、印象に残りやすいというのは否定できません。
主人公を助けて、自らが犠牲となる名わき役がたいていいます。
このわき役は、何を思って自ら犠牲になるのでしょうか。
それはありがちなセリフ「後は頼む」というところに集約されるような気がします。

自分自身を犠牲にしてもなお、前に進んでほしい何かがあるからでしょう。
世界を救うことであったり、戦いに勝つことであったり、遭難者を救うことであったり。
自分一人をいけにえに差し出してなお、達成してほしい何かがあるわけです。

これをリアルな会社経営に例えると、どんな状況が考えられるでしょうか?
たぶん、会社には目的が必要なんだと思います。
周囲の人を巻き込み、ワクワクさせるような夢。
これがあるからこそ、その先の世界を実現してほしくて、人は自分の犠牲をいとわなくなる。

輝かしい未来に不可欠なこと

さて、その「夢」が、例えばリーダーの私利私欲であったとすれば、そのために犠牲になる人はあまりいない。
もちろん「リーダーの喜ぶ顔が見たい」というくらい魅力的な人はいるでしょう。
けど、やっぱりその先に、なにか世の中がよくなる姿が見えることが大事な気はします。
この人がいるから、何かが変わる。
そんな予感を人に抱かせることは、大事なことじゃないかな、と思います。

名だたる経営者が、創業当初、ミカン箱だかリンゴ箱だかのうえで世界を目指す、的演説をしたという話はけっこう耳にします。
後継者の場合は控えめなことが多いのですが、そんな夢を語り、自分自身そこに本気でコミットするっていうのは結構大事じゃないかな、と思います。
もちろん、行動が伴わなければ、タダのペテン師になっちゃいますけどね(苦笑)

ここでの教訓は、クルーに魅力的な未来を見せよう。
そんな感じなのかな、と思います。

 

事業承継 冒険化計画 もくじ

←前の記事
次の記事→

関連記事

  1. 【5】事業承継 冒険化計画 ~クルーとの身の上話~

  2. 【9】事業承継 冒険化計画 ~後継者が作るべきもの~

  3. 事業承継 冒険化計画 もくじ

  4. 【2】事業承継 冒険化計画 ~ステイタスをチェックしよう~

  5. 【7】事業承継 冒険化計画 ~後継者にとっての最大の敵は?~

  6. 【3】事業承継 冒険化計画 ~装備の確認~

  7. 【1】事業承継 冒険化計画 ~冒険の準備~

  8. 【4】事業承継 冒険化計画 ~嵐との遭遇~

ツールバーへスキップ