間違えれば謝ればいい 後継者が深刻になれば周囲も深刻になる

人間だれしもミスは犯します。
しかしその時、まさに「てへぺろ」とその場を切り抜ける人と、そうでない人がいます。
その人が持っている性格や資質にもよるのでしょうが、真面目過ぎると周りも重く感じてしまうこと、あるんじゃないでしょうか。

——————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ

Facebookグループ「後継者・跡継ぎ・二代目社長の交流場」を作りました。
どんなことでも言い合える場所、経営について相互に交流できる場所にしたいと思っています。
良かったら、気軽に申請してみてくださいね。(無料)
https://www.facebook.com/groups/atotsugi

こちらは私のFacebookページです。よかったら、いいね!フォローお願いします。
時々ライブ配信とかやってます。

https://www.facebook.com/kaorutamura.kt

 

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

—————————————–

私の経験上、こんなことがあったように思います。
リーダーが営業社員に「売ってくれ」とお願いすると
社員は顧客にお願い営業をするし、
リーダーが営業社員に「売らなきゃクビ」と強要すると、社員は顧客に強要営業をする。

上司の振る舞いを、部下はコピーする傾向にあるように思います。

 

なにか後継者がミスを犯したとき、後継者が深刻になりすぎると、先代は必要以上に厳しく接するかもしれません。
逆に、後継者が「ドンマイ、ドンマイ」なんて感覚だと、先代も安心するかもしれません。
もちろん、ドンマイ、なんていってたら先代から「それで大丈夫か!?」なんて言われるかもしれませんが。

けど、実際のところ、子どもと接しているとそんなことをよく経験します。
子どもがどんよりしていると、ついつい追い打ちをかけるような言葉をかけがち。
逆に子供があっけらかんとしていると、「大丈夫かいな」なんて言いながら笑って終わることも。

 

人は鏡です。
後継者がどんよりすれば、先代は厳しくなり、
社員は覇気を失います。
後継者が、からっと笑顔でいると、
先代も社員も、いろんなことをサラッとやり通せるかもしれません。

会社を経営していると、いろんなことがあります。
そんな中で、いちいち深刻になりすぎるよりも、軽く笑い飛ばせるくらいの軽さを持って臨みたいものです。

 ——————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ

Facebookグループ「後継者・跡継ぎ・二代目社長の交流場」を作りました。
どんなことでも言い合える場所、経営について相互に交流できる場所にしたいと思っています。
良かったら、気軽に申請してみてくださいね。(無料)
https://www.facebook.com/groups/atotsugi

こちらは私のFacebookページです。よかったら、いいね!フォローお願いします。
時々ライブ配信とかやってます。

https://www.facebook.com/kaorutamura.kt

 

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

—————————————–

関連記事

  1. 先代の城を後継者が自分の城に変える第一歩~人の採用

  2. ファミレスの深夜営業廃止にみる「よそ者」の脅威

  3. 親をどうしたいか?会社をどうしたいか?同族経営のジレンマ

  4. 後継者は親の事業を継ごうとしてはいけない!?

  5. 後継者にとって状況が変化しない理由と現状を抜け出すコツ

  6. 後継者が親である先代との人間関係に悩んだときに内面で起こっている事

  7. できる事と、できない事 ~後継者の悩みを半減させる考え方

  8. 先代である親の癇癪から身を守る方法