後継者が親の事業についての今後を考えるとき、大事にしたいひとつの発想

親子の事業承継における後継者の悩みの一つに、「やりたいことが分からない」というのがあります。
そこにはそうなる背景があるのですが、その話はひとまず置いておいて…
何がやりたいかはわからないけど、親の事業について、今後どう展開していくかを考えるときのヒントを考えてみましょう。

参考記事

後継者が「やりたいこと」がわからない理由

——————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ

Facebookグループ「後継者・跡継ぎ・二代目社長の交流場」を作りました。
どんなことでも言い合える場所、経営について相互に交流できる場所にしたいと思っています。
良かったら、気軽に申請してみてくださいね。(無料)
https://www.facebook.com/groups/atotsugi

こちらは私のFacebookページです。よかったら、いいね!フォローお願いします。
時々ライブ配信とかやってます。

https://www.facebook.com/kaorutamura.kt

 

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

まずは、たまたまあったお話しをご紹介します。

ある保険会社が、今後のスマホアプリの戦略について検討しているそうです。
そして、ある友人がそのプロジェクトの1人として本社のチームに加わっています。
彼からこんな質問がありました。

「5年後に自社のアプリを少なくとも週に一回はみる顧客が1千万人いる」
というゴールに即したアプリ開発をしたい、というテーマで社内で議論しているが、どんなことを考えればいいだろうか?
そんな質問です。

皆さんはどう考えますか?

その人ももちろん、いろんなアイデアを考えました。
スマホアプリを使って、こんなことができればいいな。
スマホアプリがこんな風に使えるといいな。
スマホアプリが、こんな進化を遂げるといいな。

 

ところで、こんな逸話があります。

「もし、あなたが死にそうな状況になって、助かる方法を考えるのに1時間あるとしたら、どんなことをしますか?」

そう問われたアインシュタインはこう答えたそうです。

「最初の55分は、適切な質問を探すのに費やすだろう」

言い回しに諸説あったり、そもそもアインシュタインの言葉ではない、という話もありますが、それは一旦脇に置いておきましょう。
大事なのは、質問というのはそれだけ大事である、という事を伝えたいのがこの逸話です。

 

さて、もう一度スマホアプリの話に戻りましょう。
前述の話では、全て主語がスマホアプリです。
つまり、スマホアプリができることを一生懸命考えています。
こういった思考でスタートした商品開発って、実はおかしな方向に行きやすい。
なぜかというと、顧客不在の考え方だからです。
ニーズを調査することなく、「スマホアプリ」という手段のことばかり考えている発想法です。

その時に考えたいのは、
「今、社会における困りごとは何か?」
という発想。

そしてその困りごとをスマホアプリで解決するとどんな方法があるのか?
という事で、スマホアプリと関連付けていけばいいのです。

主語は、社会であり、顧客なので、ぶれることがありません。
また、スマホアプリが起点ではないので、従来のアプリの既成概念を跳躍することが可能になります。

 

さて、前置きが長くなりましたが、後継者が事業承継に際して、会社の方向性を考えるとき、やりたいことがあるならそれを優先すればいいと思います。
しかし、そういう物がない時に、今顧客は何に困っているのか?
そしてその困りごとに、自分達の会社が培った技術や歴史やリソースで、どんな役に立てるのか?
という事を考えると、ビジネスの方向性が定まりやすいのではないでしょうか。

——————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ

Facebookグループ「後継者・跡継ぎ・二代目社長の交流場」を作りました。
どんなことでも言い合える場所、経営について相互に交流できる場所にしたいと思っています。
良かったら、気軽に申請してみてくださいね。(無料)
https://www.facebook.com/groups/atotsugi

こちらは私のFacebookページです。よかったら、いいね!フォローお願いします。
時々ライブ配信とかやってます。

https://www.facebook.com/kaorutamura.kt

 

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

関連記事

  1. 成果をあげる3人の二代目経営者の共通点

  2. こんな会社、継ぐんじゃなかった・・・と感じ始めている跡継ぎの方へ

  3. 後継者が何かに迷ったときの決断

  4. 木を見て森を見ず、森を見て木を見ず。後継者が知っておきたい視点を切り替…

  5. 同じ1年を30回繰り返すか、ちがった1年を重ねた30年か?

  6. コロナにかかって気づいたこと

  7. 事業を渡したくない先代と、事業を引き継ぎたくない後継者

  8. 後継者の近況報告会