目標を追うか、目的を追うか。後継者の選択

いろんな後継者の方とお話をしていると、こんな言葉をよく耳にします。
○○しないといけないんですけど・・・。
○○した方がいいのはわかってるんですが・・・。

これって、なんだか縛られてる感を感じませんか?
「しなければならない。」って全然楽しそうじゃないですね。
もはや義務感全開(笑)

だとしたら、その「義務」は誰が課してるんでしょうかね?

もちろん、社会に出ればやらなきゃいけないことはあります。
あまりに、「やらないといけない。」という発言が多い場合は、気を付けたほうがいいかもしれません。
常識的な「目標」に縛られている可能性がありそうです。
まあ、それはそれでよいのかもしれませんが、何よりご本人が苦しいのではないでしょうか。

事業を行う上で、目標ってあると思います。
例えば、売り上げを前年比120%にしたいとか、
売上○億円が悲願であるとか。
こういったものに対して、人は
「やらなきゃいけないんです!」
なんて、力みながら語ったりします。

 

では、この質問を一つ自分に問いかけてみましょう。
なぜ、売り上げを前年比120%にしなければならないのでしょうか?

それなりにモチベーションを維持するには、
やっぱりなんのためにそれをやるのかを知っておいたほうがいいじゃないですか。

 

そんな質問をすると、
「そりゃぁ、今までより会社を伸ばしたいから・・・」
「当たり前じゃないですか。」
なんて答えが返ってきたりします。

じゃあ、
なぜ、会社を伸ばしたいんですか?

「もっといろんなことやるためには、お金が必要なんです。」

じゃあ、
なぜいろんなことをやるんですか?

 

こうやって、「なぜ」を繰り返していったとき、
最後に出てくるのが、目標ではなく、目的なんだと思います。

ビジネスにおいては、会社の使命みたいなものでしょう。
これを経営理念と読み替えてもよいかもしれません。

 

こうやって考えていくと、
あなたが今、「やらなければならない」と感じていることの多くは、
目的ではなくて、手段なのではないでしょうか。

手段にフォーカスすべき時も確かにあります。
けどね、まずはその奥にある、目的が何かがわかってこその手段じゃないでしょうか。

もしかしたら、すぐに出てくる答えではないかもしれません。
でも、せっかく長い時間を仕事に費やすのであれば、会社として何を実現すべきか、
頭の片隅にでも意識できるといいのではないでしょうか。

上手く行くと、
やらなくてはならない、ではなく、
やりたくてしょうがない、という状態になれるかもしれませんね。

 

関連記事

  1. 後継者がチームメンバーを検討する際に使えるシンプルな考え方

  2. 社内の電話をすべて聞いている人、聞いていない人 兄弟経営の難しさ

  3. 代替わりの後、社員が辞めていくという困難にどう対処するか?

  4. 先代の城を後継者が自分の城に変える第一歩~人の採用

  5. 「悪魔」と呼ばれた娘

  6. 後継者が学ぶべき事業のルーツとは?

  7. 「すぐやる」が望ましい人と望ましくない人 後継者の行動のヒント

  8. 先代がバトンを渡してくれないという二代目の悩み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。