今日のコトバvol.211『学習が成立するための三要素』親子経営のヒント

私、田村が日々の中で接する言葉からの気づきを動画でシェアします。
元ネタは、書籍であったり、映画であったり、自らの内省であったり。
短めの動画ですので、お気軽にご視聴ください。

 

個人の学習においても、組織の学習においても、
それが成立するための三つの要素があるといいます。

学習というのは、たんに学び、知識として取り入れるということではありません。
それを活動に活かせる、ということです。

この三つの要素を意識するのとしないのでは、結果にずいぶん違いが出るのかもしれませんね。

 


今回ご紹介した本 『こうすれば組織は変えられる!―「学習する組織」をつくる10ステップ・トレーニング』 ご購入の方はこちらから

https://amzn.to/2n4pzli

関連記事

  1. 毒親を毒親のまま置いておくと、後継者・二代目社長は成長が止まってしまう…

  2. 後継者は社内外から向けられる目とどう対峙していくか?

  3. 創業50年の親の会社を引き継いだ二人の後継者

  4. 後継者・二代目社長が方向性に迷ったときに立ち返りたい自分の生き方

  5. 帝王学の持つイメージが生む危険な誤解

  6. バランスボールと後継者

  7. ある二代目社長が起こした社内会議の大混乱(2)

  8. 「祭」というプラットフォームビジネスを後継者はどう考えるか?