脳は「ものの見方」で進化する

脳は「ものの見方」で進化する(ボー・ロット)

人は、目の前の現実をありのままに見ていない。
本書の著者である、ボー・ロット氏は断言します。
著者は、神経科学が専門となる学者。
特に「知覚」に関してを深く研究しているようです。

さて、知覚という意味においていうと、
人は物事を正確には見ていません。
というのも、目に入る光線すべてを脳で処理していては、
あまりにも非効率。

けっか、脳は、見たいものを見て、見たくないものを見ない。
かなりフィルターをかけた映像が、私たちの脳で処理されることになります。
そしてそのフィルターの正体は「思い込み」というもの。
錯覚などが起こるのも、私たちが現実世界を見るとき、
思い込みというフィルターを通して見ているから。

脳は、世界を知覚するとき「文脈」を読むのだそうです。
その情報を見るに至った背景とでもいうのでしょうか。
その背景をたどった結果、今見ているものを認識している状態が現れる。

 

さて、この本をなぜ、この事業承継ブログで取り上げたか。
それはシンプルです。
後継者が置かれている立場もまた、
文脈でものを見て、
思い込みのフィルターがかかった状態であるからです。
つまり、事実を事実としてとらえてはいない、ということです。

ここで一つの課題が生まれます。
そのゆがめられた現実を目にしている原因となる
「思い込み」とはどんなものなのか。
私たちは、どんなフィルターを通して世界を見ているのか。
これを解き明かすことで、ずいぶんと現実が変わります。
もちろん、現実世界で起こっていることは何ら変わらないでしょう。
しかし、私たちがそれを受け取る方法が変われば、
私たちにとっての世界は変わる。

たったそれだけのことで、
後継者の方の悩みは一瞬にして吹き飛んでしまうかもしれない。
そして、本書は、その方法を提示してくれます。
しかも、この一冊の本の中に、あなたのモノの見方を変える
様々な仕掛けがあります。

ぜひ手に取っていただき、ご一読いただきたいと思います。
この本は、あなたの人生を変えるほどのインパクトがあるかもしれません。

 

著者の、TEDでのスピーチが公開されているので、
参考まで。

 

脳は「ものの見方」で進化する(ボー・ロット)

関連記事

  1. 未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する

  2. 持続可能な資本主義

  3. 社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改…

  4. やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝…

  5. タップ 

  6. チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実…

  7. デービッド・アトキンソン 新・所得倍増論

  8. 実例に学ぶ経営戦略 あの企業のお家騒動

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ツールバーへスキップ