抵抗勢力との向き合い方

抵抗勢力との向き合い方

榊巻亮

後継者にとって、最大の抵抗勢力といえば…
実際のところは、親子の事業承継で親を抵抗勢力と捉えたとき、この本とはまた別の力学が関与しているような気がします。
とはいえ、古参社員の方や、その他の社員さんにおいても、会社の改革を行いたい、というときにこういった抵抗勢力が出てくるわけです。
その抵抗勢力とどうかかわっていくか。
そんななことがかかれています。

決して仕組みで縛り付けるだけではなく、メンタルにも配慮して事を運ぶ方法論です。

この抵抗は、4段階のステップで”成長”していくそうです。
小さいうちにその芽にきちんと対処することで、大きな反発に育たないようコントロールします。

といっても、押さえつけるだけとかいう訳ではない。
ちゃんとした正攻法といえるものではないかと思います。

いろんなシーンで参考になると思いますので、一度手にとってみられてはいかがでしょうか。

関連記事

  1. 会社を継ぐ後継者が読むべき本

  2. 仕事を楽しむという感覚を後継者・二代目社長は取り戻そう

  3. それでも先代や社員を変えたいと思った時に知っておきたい知識

  4. タップ 

  5. 持続可能な資本主義

  6. 武田家滅亡に学ぶ事業承継

  7. 社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改…

  8. 脳は「ものの見方」で進化する

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。