やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝える」の最適解を導く方法

やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝える」の最適解を導く方法

小林せかい

後継者の方で、会社が今のままではまずい。
そう考えている方は、結構いらっしゃいます。
しかし、次に出てくる言葉はこんな言葉です。

具体的にどうやっていいのかわからない。

それを誰かが教えることはできません。
例えば、効率化をしたいとか、組織を活性化させたいとか、
そんなノウハウなら教えてくれる人はたくさんいます。

しかし、事業の方向性を創っていく事に対して、他人が教えられることはあまりありません。

 

本書とて、
「あなたの事業をこうやって変革していけば?」
なんていう、手取り足取り的なアドバイスがあるわけではありません。

しかし、著者が何をどう考えて、今の形になったか?
という思考の流れはなんとなく読み取れるのではないでしょうか。

確かに、この本の中には、具体的にやったこともたくさん書かれています。
それ一つ一つが参考になる事ではありますが、著者の思考の流れをなぞってみるというのが、
後継者や経営者の方へのおすすめの読み方です。

そして、理念と実際の行動との結びつき。
それらが作り上げる世界観。
そんなところから様々な学びを得られる良書だと思います。

 

難しい言葉は一切なく、しかし、相当に練られた言葉で伝えられる著者のポリシーは、きっと多くの人の心を打つと思います。
今の時代にマッチした良書だと思います。

関連記事

  1. 成功者はなぜ、帝王學を学ぶのか?

  2. アクセル デジタル時代の営業 最強の教科書

  3. チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実…

  4. 抵抗勢力との向き合い方

  5. 創業一四〇〇年――世界最古の会社に受け継がれる一六の教え

  6. きょうだいコンプレックス

  7. なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践

  8. 後継者が「もう会社に一日たりとも行きたくない」と思い始めたら即座にやる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。