チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

エイミー・C・エドモンドソン

同族企業の二代目経営者が考えるのは、フラットな組織を作ろうというもの。
従来の、ピラミッド型の組織に対するアンチテーゼなのかもしれません。

しかし、それは実際の話、先が見えない時代には有効。
そんな検証を、外科チーム、スペースシャトル「コロンビア号」の発射に関わったチームなど、具体的な例で行っています。

こういったプロジェクトチームの明暗を分けたものを取り出し、そこにどう対処するかが本書の中心的テーマです。
組織のあるべき姿を考え、そこに近づけていく際にヒントとなる一冊。

関連記事

  1. 後継者が「もう会社に一日たりとも行きたくない」と思い始めたら即座にやる…

  2. 実例に学ぶ経営戦略 あの企業のお家騒動

  3. 自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考…

  4. やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝…

  5. 先輩、これからボクたちは、どうやって儲けていけばいいんですか?

  6. 社長! 会社を継がせたいならココまでやっておかなくちゃ!

  7. 親の会社を継ぐ技術~後継者のゆく手をはばむ5つの顔を持つ龍とのつきあい…

  8. 持続可能な資本主義

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。