チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

チームが機能するとはどういうことか――「学習力」と「実行力」を高める実践アプローチ

エイミー・C・エドモンドソン

同族企業の二代目経営者が考えるのは、フラットな組織を作ろうというもの。
従来の、ピラミッド型の組織に対するアンチテーゼなのかもしれません。

しかし、それは実際の話、先が見えない時代には有効。
そんな検証を、外科チーム、スペースシャトル「コロンビア号」の発射に関わったチームなど、具体的な例で行っています。

こういったプロジェクトチームの明暗を分けたものを取り出し、そこにどう対処するかが本書の中心的テーマです。
組織のあるべき姿を考え、そこに近づけていく際にヒントとなる一冊。

関連記事

  1. 脳は「ものの見方」で進化する

  2. 社長が変われば会社は変わる! ホッピー三代目、跡取り娘の体当たり経営改…

  3. やりたいことがある人は未来食堂に来てください 「始める」「続ける」「伝…

  4. 後継者が「もう会社に一日たりとも行きたくない」と思い始めたら即座にやる…

  5. 成功者はなぜ、帝王學を学ぶのか?

  6. 武田家滅亡に学ぶ事業承継

  7. 会社を継ぐ後継者が読むべき本

  8. 世界トップシェアを勝ち取った田舎の小さな工場の軌跡

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。