後継者

後継者トレーニング(28)後継者は会社のリソースを把握しよう(物編)

後継者という立場となると、色々会社の中での立ち居振る舞いが難しい。
その結果、「こんな会社辞めてやるー!」という気持ちになる人も多い。
その証拠に、検索窓に「後継者」と売れてスペースをいれると「辞めたい」なんて言うキーワードがサジェスチョンされたりします。

そんな追い詰められた状態だから、ついついオール・オア・ナッシングな結論を出しがちです。
辞めるか、残るか、みたいな。

けど、ちょっと考えてみれば、親の会社もいろんな見方があります。
その中で、親の会社の中にあるリソースを昨日は「人」について考えてみました。
今回は、「物」について考えてみましょう。
物というのは物理的なものというより、「人以外」というニュアンスで考えてみたいと思います。

——————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ

Facebookグループ「後継者・跡継ぎ・二代目社長の交流場」を作りました。
どんなことでも言い合える場所、経営について相互に交流できる場所にしたいと思っています。
良かったら、気軽に申請してみてくださいね。(無料)
https://www.facebook.com/groups/atotsugi

こちらは私のFacebookページです。よかったら、いいね!フォローお願いします。
時々ライブ配信とかやってます。

https://www.facebook.com/kaorutamura.kt

 

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

—————————————–

製造業であれば加工機械、工場そのもの、工具や器具、
卸売業であれば、倉庫とかだけではなく取引先も大事ですね。
小売であればお店や顧客。

業種によってはノウハウだったり、人脈なんていうものもあるかもしれません。

何十年も会社として営業ができているということは、会社には何かのリソースがあるはずです。
それは、現代のビジネスとは少しずれ始めているものもあるのかもしれませんが、無駄にできるものではありません。

私たちはそれらを正しく把握し、その価値を最大化する方法を考えることが大事だと思います。
そうすると、「今の形のビジネス」で果たして良いのだろうか?という疑問も出てくるかもしれません。
つまり、リソースを把握すると、ビジネスが変わる可能性は大いにあります。

逆に、家業としてのビジネスをそのまま受け継いでやり続けるという事ができるのは、むしろ少数派だと思います。
なぜかというと、そのビジネスモデルはすでに古くなっている可能性があるからです。

しかし、すべてがダメというわけでなく、ほんの少しパッケージを変えるだけで息を吹き返すビジネスだってたくさんあります。
喫茶店が、マンガ喫茶になり、ネットカフェになり、場所貸しビジネスみたいな形に変化してるケースもあります。
同じリソースで、ビジネスモデルを転換できる方法だってたくさんあるわけです。

発想を、「今のビジネスを最適化する」から、「今あるリソースの価値を最大に活かす」というところに変えることでビジネススタイルは随分変わるのではないでしょうか。
そんな視点で見てみてはいかがでしょうか。

——————————————
小冊子無料ダウンロードはコチラ

Facebookグループ「後継者・跡継ぎ・二代目社長の交流場」を作りました。
どんなことでも言い合える場所、経営について相互に交流できる場所にしたいと思っています。
良かったら、気軽に申請してみてくださいね。(無料)
https://www.facebook.com/groups/atotsugi

こちらは私のFacebookページです。よかったら、いいね!フォローお願いします。
時々ライブ配信とかやってます。

https://www.facebook.com/kaorutamura.kt

 

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

—————————————–

関連記事

  1. 後継者なのに会社に行きたくない

  2. 後継者から頂いた質問「中期経営計画はつくったほうがいいのか?」

  3. 後継者が親の会社を継ぐときに大事なことは他者を〇〇すること!?

  4. ある二代目社長が起こした社内会議の大混乱(1)

  5. 後継者の立場から見た船井幸雄先生の言う「包み込みの法則」

  6. 後継者が孤軍奮闘に陥りやすい理由 ~自分の力量にこだわりすぎていないか…

  7. 後継者・二代目経営者が会社を楽々変化させるために取る行動とは?

  8. なぜ会社を存続させたいという思いは同じなのに、親子は確執を生むのか?