後継者

後継者が先代とのコミュニケーションで困った時にやった対策「上手くいかなかった」こと

後継者と先代(親)社長、色々とコミュニケーションで上手くいかないことも多いと思います
感情的なコミュニケーションエラーもありますが、今回は、もう少しビジネス寄りの「伝達すべきことが伝わらない」という時に、
私が試して、「上手くいかなかった事」について取り上げたいと思います。

上手くいったのではなく、上手くいかなかったことです。


私の著書です。

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

親の会社を継ぐ技術

親の会社を継ぐ技術

 

 

 

 

 

 

 

 


先代社長のビジネスパートナーとしての後継者

後継者にとって先代の指示はわかりにくい

後継者と先代社長は、親子関係の場合がまだまだ多い。
そういった場合、ある意味、後継者と先代、つまり親子は時間的に長い時間を多く過ごすことになります。
その際に、後継者は親の仕事のビジネスパートナーとして、助ける役割を持っているといえそうです。

私自身、若いころは、休日に出勤させられて、父である先代の企画書を作らされた記憶があります。
けどこれ、本当効率が悪いんです。

こういうものを作ってほしいといわれ、その通り考えて作ります。
出来上がってから、いろんな要素が加わったり、修正が入ったり。
それはある程度しょうがないのでしょうが、「はじめにそれを言ってくれよ」というたぐいの情報もあります。
その前提を知らなかったから回り道をして、結局先代の都合に合わせて休日出勤とかやってられない、と思った記憶があります。

先代に「カルテ」をつくる

そんな経緯もあって、何かしらの仕事の依頼を受けたとき、一定のカルテのようなものを残すようにしてみました。
出来ることなら、その質問項目を書いてほしいと思いましたが、さすがにそれは難しい。
ならば、仕事を受ける時点で、どんなことを聞いたかを記録しようと思いました。

しかし、残念ながらそれは機能しませんでした。
なにしろ、朝令暮改は当たり前です。
より良いものを作るため、と言えばよい話に聞こえますが、そこに振り回される立場としてはたまったものではありません。
また、自分のペースで仕事ができないストレスはなかなか大きいものでした。

後継者としての先代のサポートから学ぶこと

後継者は先代を型にはめようとしても難しい

今回、私がやろうとしたのは、先代を型にはめようとする行為でした。
随分とそれを頑張ってみましたが、そううまくはいきません。
そうやって、私は親である先代への嫌悪感を強くしていき、親は後継者の能力を低く見積もり始める。
誰も得をしない話なんですね。

後継者が後に必要となる許容する能力

さて、このせめぎあいは、実は、後継者と社員の間でも起こる可能性があります。
後継者的には、自分ルールに社員をはめ込み、突発的なトラブルを起こさない組織を作りたい。
けど社員は、なかなかそんな型にはまってくれない。
先代ほど頑固ではないにしても、なかなか雰囲気は悪くなっていきます。
その結果、クーデターや大量退職につながることもあるでしょう。

それを避けるには、形通りにいかないこともある、という事を受入れる力を養う必要があります。
実は先代との衝突って、そういうトレーニングなのかもしれない、と最近は思います。

お互い相手に望むことがあるのです。
そのはざまに、何かしらバランスをとれるポイントを見出すことが、事業承継をスムーズに行うコツなのではないでしょうか。

 


私の著書です。

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

親の会社を継ぐ技術

親の会社を継ぐ技術

 

 

 

 

 

 

 

 


関連記事

  1. 後継者トレーニング(31)後継者は感謝の習慣を持とう!

  2. 事業承継で親が社長を譲らない時に後継者にできること

  3. 二代目社長・後継者が自分の意見を通そうとすればするほど先代や社員からの…

  4. 後継者の会社改造で知っておきたい大事なこと ~お客様はプロの能力を正確…

  5. 後継者特有の育ちの良さ

  6. ワンマン経営の先代と後継者

  7. 親の会社を継ぐというのは職業選択ではありません

  8. 後継者トレーニング(35)後継者は自分の持っているフィルターを意識して…