検索する悩みと、検索されない悩み ~後継者が悩みごとを検索しない理由

今は便利な時代で、手元にスマホがあれば、わからないことは何でも検索できます。
思い出せない芸能人の名前があれば、特徴だったり、出演作だったり、何かしらの手がかりがあればそれを検索窓に入れて検索してみる。
そうすると、たいていのヒントはつかめたりするものです。

しかし、後継者が自分の持つ悩みを、ネット検索している率は非常に低いのではないかと思います。
そこには、ある理由があるのではないか、と私は考えています。

本が出版されました!
関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

■後継者向けセミナー開催日程はこちら

 

 

■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。
■時々読書会をやっています。開催情報はこちらをクリック

 

友人や家族との会話の中で、気になったことがあればとりあえずスマホで検索。
そういった習慣がついている人はけっこう多いと思います。
面白いもので、そうすればたいていのことはわかってしまいます。
なのに、後継者の悩みって、実は思ったほど検索されていないように思います。

なぜ検索されないのでしょうか。

その答えは、「じわじわ降り積もる悩みだから」です。

 

たとえば、突発的な事件や事故、問題が発生したと思います。
すると私たちは、「平常」から「緊急事態」に、一瞬にして変わります。
その急激な変化に対応する知見がない、と感じたら、その知識を求めて検索します。
言ってみれば、そこそこ大きな団の階段を上る感じで、そこに階段がある事に気付くから対応するわけです。

しかし、事業承継で起こる問題は、突発的なものももちろんあります。
それらのことは一過性のものであり、そのことについてはたぶん検索したり、知見を求める事でしょう。
ところが、後継者に重くのしかかる問題は、どちらかというと小さなことの積み重ねだったりします。

朝礼で発表した自分の方針に、親が異を唱えたとか、
これからやっていきたいことをやり始めると、制止されたとか、
社員への対応で親と意見が食い違ったとか。

一つ一つは小さな事柄での意見の食い違いなのですが、その食い違いが積み重なって、一つの大きな意思を感じるようになります。
ああ、親は自分のいう事を受け入れるつもりはないんだ、と。
後継者の頭のなかでの悩みは、「親は自分を受け入れてくれていないらしい」というものだ、と言語化もできず、
「よくわからないけどいつも否定されたり拒否される」という状況。

言ってみれば、段差がわからぬほどの階段を何段も何段も積み重ねて、気が付いたら、自分の平常心とは大きな隔たりのある状況になり、苦しい状態になっていた、という感じ。
このように、ジワジワやってくる悩みについて、人は検索しません。
ここに至るまでに、周囲にそのことを相談できる人はいない、という結論を自分なりに出してしまっているので、人に相談することもない。
そうやって、ギリギリのところまで我慢する人、けっこう多いのではないでしょうか。

 

一旦、「受け入れられていない」と思い始めると、もう、目の前で起こることすべてが「自分は受け入れられてない」という信念と結びついてしまいます。
なにがあっても、自分は必要とされてない、と感じてしまいがち。
そうやって、どんどん息苦しくなってしまうのではないでしょうか。

 

それでも、我慢の限界に来たり、
何か他のことを調べたり、
ちょっとしたきっかけがあって、
たまたま私のこういった文章や、YouTubeの動画に触れてくださる方がいらっしゃいます。
そういう方がまずおっしゃるのは、
自分だけじゃなかったんだ
という言葉。

はい。
まさにそうです。
たくさん同じ境遇で、相談できない人がいます。
そしてそのことを知っただけで、
「もう一回頑張ってみようと思います」
と言ってくださる方もいらっしゃいます。

たぶん、後継者の方には自分の複雑な立場を分かってくれる仲間が必要なのです。
そして、この場をたんに「傷をなめあう場」にしてしまうとちょっともったいない。
まずはフラットなところへメンタルを持っていただくのが第一フェーズですが、その先には事業変革を目的としてどうやって行けばいいかということをワイワイ話し合える場にしたいと思っています。

後継者ONLINE倶楽部

なるものを開設しております。
よろしければ、詳細、ご確認ください。

 

本が出版されました!
関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

■後継者向けセミナー開催日程はこちら

 

 

■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。
■時々読書会をやっています。開催情報はこちらをクリック

 

関連記事

  1. 木を見て森を見ず、森を見て木を見ず。後継者が知っておきたい視点を切り替…

  2. 親子経営で「対話をしようとする」と確執を深めるというジレンマ

  3. 家業がイヤなのか?親のように働くのがイヤなのか?

  4. 2人で残業しながらやっていた仕事を1人で定時に終わる仕事にした後継者の…

  5. 「自分はこんなもんじゃない」と思っている家業の後継者の方へ

  6. やりすぎ注意報

  7. 起業が衰退するのは後継者の責任ではないことも多い

  8. 営業社員の扱いにおける先代と後継者の大きな隔たり