今日のコトバvol.169『そもそも「事業」は無くなるものである』親子経営のヒント

私、田村が日々の中で接する言葉からの気づきを動画でシェアします。
元ネタは、書籍であったり、映画であったり、自らの内省であったり。
短めの動画ですので、お気軽にご視聴ください。

私の会社の中で言い続けていることが、今日のこの言葉です。
松下幸之助さんは、「水道哲学」を提唱しました。
水のように安価で大量にものを提供すれば、貧困がなくなる、という考え方です。
その結果、おおむねそのミッションは達成されたのが今の「モノ余り」と言われる日本。

これからは新しい価値が求められている時代です。
その時に、過去儲けさせてくれた事業は手放す必要が出てくる可能性が高いのではないでしょうか。

今回ご紹介した本 『働き方完全無双』 ご購入の方はコチラ。
https://amzn.to/2IEy9R8

関連記事

  1. 今日のコトバvol.219『蔑みにどう対処するか?』親子経営のヒント

  2. 今日のコトバvol.210『こうすれば組織は変えられる!―「学習する組…

  3. 今日のコトバvol.236『タスクとタスクのつなぎ目に注意せよ!』親子…

  4. 今日のコトバvol.179『資金が切れる創業者と気持ちが切れる創業者が…

  5. 今日のコトバvol.242『物事が続かないなら「始め方」を見直す』親子…

  6. 今日のコトバvol.217『北風と太陽の物語が経営者・後継者に教えてく…

  7. 今日のコトバvol.232『会社改革、気が付けば元の木阿弥になっていた…

  8. 今日のコトバvol.137『革新的なアイデアは小さな質問の積み重ね』親…