1万時間の法則は誤りだった?【明日使える話のネタ】

今日のVLOGのテーマは、「1万時間の法則は誤りだった?」です。

ビジネス書や自己啓発書を読まれる方は、一度はこの言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか?
「一万時間の法則」という言葉を。
これは、マルコム・グラッドウェル氏が著書のなかで提唱したもので、人は一つのことに一万時間の練習時間を取れば、プロ級のレベルになれる、というものです。
氏の著書のヒットに加え、わかりやすいコンセプトから、様々な書籍に引用されてきました。
しかし、どうやら専門家筋の間では、これは正しくない、と言われているようです。

その理由を聞いて、なるほど、と納得してしまいました。

今回はそんなお話を。

詳しくは動画で。


■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。

関連記事

  1. MBAホルダーもCEOも、幼稚園児に敵わなかった理由

  2. 権威の下では人は残虐になれる?(ミルグラム実験)

  3. 継いだ理由が思い出せない人が気をつけたい注意点@後継者・跡継ぎ一問一答…

  4. ビジネス書の書き方②章立て【執筆日記】

  5. 後継者が会社を変えるコツは?@後継者・跡継ぎ一問一答

  6. 今こそは社内改革のチャンス!?@後継者・跡継ぎ一問一答

  7. 家業は三代で終わるというのは本当か?@後継者・跡継ぎ一問一答

  8. ビジネス書の書き方⑦完璧主義は捨てよう【執筆日記】