裏と表

人間だれしも裏と表があるものです。
ちょっと真面目ぶった私もまた、裏の顔を持っています。
そんな裏話をのぞき見したい方のための「ぶっちゃけ話」のコーナーです。
積み上げてきたものを一気に壊しかねない、禁断の新コーナーの設立趣旨をごあんないします。

なんだかんだ言って、このWEBサイトも稼働を始めて2年半を過ぎました。
お陰さまで、そこそこGoogle検索でも上位表示されるようになったし、
経営者onlineYahooニュース(いずれも2016年11月17日現在メンテナンス中)にも記事を取り上げて頂けるに至りました。

正直、ちょっぴり舞い上がってたわけです。
そんな折、こんな有難い言葉を下さる方がいらっしゃいます。

「お前のブログさぁ、つまんないよ。」

一瞬たじろいだ気持ちを隠しつつ、いやいや負けてはいかん、と気力を振り絞ります。
「こんな奴の相手してるほど、暇じゃないんだよねー、ボク。」
そんな風に自分を説得しようとするものの、ちょっと気になる。

ちょっと怖いのを我慢して続きを聞いてみました。
で、彼はなんていったかっていうと、
「だって、笑えないじゃん。」

ん?

いや、笑いを提供するつもりでやってるわけではないし・・・。

とはいえ、です。
考え直してみると、「商い」は「飽きない」。
退屈な日常より、変化があったほうがいい。
エンターテイメント的要素も必要ですよね。

 

だから、「ぶっちゃけ」のコーナーは、とりあえず楽しく読めて、最後はほろりとさせる吉本新喜劇を目指します。
目指すだけですから、結果の保証はできませんが。
けどね、Yahooニュースに載る記事書かなきゃいけないんですよ、Yahooニュースに。
一応ブランディングとか、気にしてますから!(苦笑)

という事で、カテゴリーで分けました。
PCで見て頂いてる方は、画面右下の方にカテゴリーがあります。
ここの「ぶっちゃけ話」のところをクリックしていただければ、この手の軽いテイストの記事だけ読めます。
スマホの場合は、ずーーーっと下までスクロールしていただくと、カテゴリがありますので「ぶっちゃけ話」のカテゴリーをタップしてみて下さい。

日頃クール(自分で言って恥ずかしい・・・)な記事を書く私と、
ちょっと心の奥底にある悪鬼な私。
よかったら見比べてみてください。

 

今日の教訓:新しいテイストの記事を上げる時には、ブログシステムの「公開」ボタンが、「後悔」ボタンに見える。

 

 

 

関連記事

  1. 「おはようおじさん」が信じるものは何なのか?

  2. 同族経営が優れている3つのポイント

  3. 親の七光りで濃くなる影

  4. 誰も言わない「親と働く」という事の本質

  5. 計画オタクにご用心

  6. すり替えられる事業承継の目的

  7. 後継者コンプレックスはいつでも捨てられる

  8. 「返り咲き」を決断する前に考えて頂きたいたった一つのこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。