後継者の近況報告会

昨日は、私の主宰する後継者ONLINE倶楽部において、メンバーのみなさんの近況の報告会を開催しました。
比較的緩いムードで90分、悩みを打ち明けたり、誰かが誰かにアドバイスをしたり、有意義な時間になったように思います。
会員さんの二人がちょうどこの6月、7月に先代との代表交代を行うなど、いろんな動きが見えた報告会でした。

関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

後継者の社交場、後継者倶楽部はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
後継者ONLINE倶楽部

 

この近況報告会というのは、私から何かをアドバイスするというより、集まったみなさんで知恵を出し合っていろんな物事を解決していこう、という場です。
とても興味深いのは、
・親子の確執の真っただ中でバトル中
・会うのもキツイくらいウンザリしている
という人だったり、
・確執を何とか乗り越えて、比較的仲良くやっている
という人だったり、中には
・もう我慢の限界!
という人もいます。

私個人的には、そのどれもが言いたい主張があると思うし、自分なりの正義もあると思うので、どの状態がいいと決めつけるのはちょっとどうかと思います。
ただ、これって実は、自身の人間的な成長と結構深くリンクしている事だけに、部外者からあれこれ言われてもなかなか聞き入れられないことも多いのですが、同じ境遇を経験した人のアドバイスなら受け取れる、ということもあるようです。

色々と苦しい時期を経て、今回は2名の方がいよいよ自分が代表となって会社の第二幕をスタートさせた方がいらっしゃいました。
彼らも、親とのいろんな葛藤があり、戦って疲弊した時期もあれば、無力感に肩をお落とした時期もあったようです。それでもここまで来た時に、ふと来た道を振り返ると、親の偉大さや、その感謝を思い浮かべずにはおれない、という話もありました。きれいごとでもなさそうな、そんなお話はけっこうグッとくるものがありました。

他にも、言うことを聞かない社員にどう対処するか?という問題については、ある程度組織化の進んだ会社を預かる二代目さんや、色々組織の問題をクリアしてきた先輩からのアドバイスもありました。

経営というものは、正解のないものだけに、最終的には何をどうやるかはその人自身にゆだねられます。しかしその選択肢を得られるいい機会になったのではないかと思います。

 

実はこういう機会は、参加者にとってはいろんな効果がある、と私は考えています。
一つは、ずっと自分の中にだけ秘めていた悩みを口にすることで、わずかなりともため込んだストレスを吐き出せるということ。内緒にして一人で耐えるというのは本当に苦しいことですから、それを吐き出して、「わかるわかる」という人たちに聞いてもらうだけで、ちょっとしたガス抜きをすることができます。
そのうえで、自分で自分の悩みを言葉にし、語ることで、その内容は自分の声や作文を通して自分の脳にまた別の形で入ってきます。話すということで自分の思いを少し俯瞰できるよう、距離を持ってみることになる効果があると考えています。だから時々あるのは、「自分で話していて感じたのですが……」と、何かを語るだけでも様々な気づきを得ることができます。

そして、誰かが誰かに与えるアドバイスも、それが自分に向けられている場合は素直に聞けないことも、他人へのアドバイスであるとやけに自分の事とかぶらせて、しかも冷静にとらえることができることもあるようです。

いずれにせよ、学ぶのも、実践するのも、日頃は一人。
これを理解あるメンバーでやることは些細な雑談だけだったとしても、けっこう価値がある時間となるのではないかと思います。
そんな機会のある後継者ONLINE倶楽部ですが、よろしければご検討賜れば幸いです。

—————————————–
後継者としての生き方に迷ったら、同じ境遇の仲間と意見交換しませんか。
まずは自分にとっての安全な場所を確保しましょう。

もしかしたら、未来の仲間やメンターとであえるかも・・・?
個別のご相談なども受けております。
よかったら、後継者専用オンラインコミュニティにお越しくださいませ。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
後継者ONLINE倶楽部

 

本が出版されました!
関心を持っていただいた方は、画像をクリック。

——————————————

■後継者向けセミナー開催日程はこちら

 

 

 

——————
最近、Clubhauseに時々出没します。(飽きたらやめるかも…)

タイミングよくこの―ページに出会った方には、このリンクからどうぞ。
上記の内容についてお話しするかもしれません。

無料ですので、よろしければどうぞ。
2021年7月13日(火)21時スタート(約一時間の予定)

田村薫kaoru tamura ID @kao345
Yuka Wakabayashi ID @shiawase_shacho

 

関連記事

  1. 親子経営を円滑に進める3つの条件

  2. 後継者が会社の「専門性」をアピールするときに気を付けたいこと

  3. 親の会社に入社してはじめの5年に後継者がやっておきたい事①ビジネス習得…

  4. 後継者は仲間を求めている!?

  5. 仕事を楽しむという感覚を後継者・二代目社長は取り戻そう

  6. 後継者が自分の会社の強みを見つける

  7. 「なんとなく」は危険なサイン

  8. 絶対的に正しいことなどほとんどない ~跡継ぎは自信を持っていい