家業は三代で終わるというのは本当か?@後継者・跡継ぎ一問一答

今日の後継者・跡継ぎの悩み一問一答のテーマは、「家業は三代で終わるというのは本当か?」です。

昔からよく耳にするのは、家業も都も三代で終わるという話。
創業者が作ったリソースを、後継者がスカスカにし、さらに次の世代が食いつぶす。
でも、親子三代会社が続くとすれば、60年~100年近い歴史になるわけです。
そもそもそこを超えられる企業は、家族経営であってもなくとも、多くはありません。
むしろ、家族経営だから持っている会社だって多いのではないでしょうか。

そう考えると、三大でつぶすというのは仁的要素というよりもっと別の要素があると思うのですがいかがでしょうか。

今回はそんなお話を。

こんな悩みは、なかなか人に話すことはできません。
しかし、ここなら相談できるかもしれません。

後継者ONLINE倶楽部

一度ご検討ください。

 


■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。

関連記事

  1. 先代が自分を怒鳴りつけるのを何とかしたい@後継者・跡継ぎ一問一答

  2. 今こそは社内改革のチャンス!?@後継者・跡継ぎ一問一答

  3. 後継者なのに会社に行きたくない@後継者・跡継ぎ一問一答

  4. 後継者としての責任に押し潰されそう@後継者・跡継ぎ一問一答

  5. 仕事から学んだ後継者のあり方@後継者・跡継ぎ一問一答

  6. 親の会社をクビになったが戻った方が良い?@後継者・跡継ぎ一問一答

  7. 自分がやりたい事がわからない@後継者・跡継ぎ一問一答

  8. 親が会社を私物化する@後継者・跡継ぎ一問一答