家業は三代で終わるというのは本当か?@後継者・跡継ぎ一問一答

今日の後継者・跡継ぎの悩み一問一答のテーマは、「家業は三代で終わるというのは本当か?」です。

昔からよく耳にするのは、家業も都も三代で終わるという話。
創業者が作ったリソースを、後継者がスカスカにし、さらに次の世代が食いつぶす。
でも、親子三代会社が続くとすれば、60年~100年近い歴史になるわけです。
そもそもそこを超えられる企業は、家族経営であってもなくとも、多くはありません。
むしろ、家族経営だから持っている会社だって多いのではないでしょうか。

そう考えると、三大でつぶすというのは仁的要素というよりもっと別の要素があると思うのですがいかがでしょうか。

今回はそんなお話を。

こんな悩みは、なかなか人に話すことはできません。
しかし、ここなら相談できるかもしれません。

後継者ONLINE倶楽部

一度ご検討ください。

 


■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。

関連記事

  1. かの有名な心理実験は、押し込めた感情が消えにくい事を証明していた!

  2. 綿密すぎる計画はプロジェクトの成果を下げてしまう!?【明日使える話のネ…

  3. 【VLOG】「憧れ」は実現しない

  4. 満月の夜、人は狼男に変わるのか?

  5. 【VLOG】習慣化のための5つのコツ

  6. 【明日使える話のネタ】スマホ検索はヒトの脳を退化させる?

  7. 親と冷静に話す事ができない@後継者・跡継ぎ一問一答

  8. 【VLOG】無人のオフィスにうごめくもの