先代が会社のルールを守らない@後継者・跡継ぎ一問一答

今日の後継者・跡継ぎの悩み一問一答のテーマは、「先代が会社のルールを守らない」です。

会社で親子がバトンタッチしたら、後継者と親の立場は逆転。
それを明確にするために、後継者は会社を変えたくなります。
具体的には、「それなりにきちんとした会社」にしたいと思いがち。
たとえば、物事の決定プロセスを整備したり、社内のルールを決定・徹底したり。

そうやって社内改革を薦める中で、最大の壁は先代です。
ルールを守ろうとしてくれないのです。
そんな状態に接すると、後継者としては文句を言いたくなります。
さらには、自分の言っている事だけが正義と感じ始めます。

これって、実は対立の始まりなんですが、どうすればいいのでしょうか。

今回はそんなお話を。

詳しくは動画で。


■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。

関連記事

  1. 誰もあなたを見ていない!?

  2. 過去達成した事を思い出せば成功に近づく

  3. なぜ親は自分の会社を子に継がせたがるのか@後継者・跡継ぎ一問一答

  4. 辞めたいと言って辞めない先代の真意@後継者・跡継ぎ一問一答

  5. 子どもの学校での人気は親の関わり方とリンクしていた?

  6. 【VLOG】ボヘミアン・ラプソディ、アベンジャーズ、君の名…

  7. プチ断食ダイエット、2ヶ月が経過した今

  8. 【VLOG】5年前のスケジュール帳はあなたに何を語りかけるのか?