先代が「違うやり方」を許さない@後継者・跡継ぎ一問一答

今日の後継者・跡継ぎの悩み一問一答のテーマは、「先代が「違うやり方」を許さない」です。

たとえばお客様対応で、まず、これを聞いて、次にこれを聴く・・・
自分なりに工夫して話を進めているのに、先代はこれを完全否定。
違う順番で聞けという事があったりします。

店のディスプレイも、後継者なりに工夫してこうすればいいかな、と思ってやってみても
「これは、こう!」となおしてしまう。

何かを変えようと思うとすぐに叱られてしまう。
そんなときどうすればいいのか、という事について考えてみたいと思います。

今回はそんなお話を。

詳しくは動画で。


■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。

関連記事

  1. メリットとデメリット、どっちを先に話すのがいい?【明日使える話のネタ】…

  2. 【VLOG】人間関係が苦手な人がそのストレスを軽減させる3つの方法

  3. 【VLOG】年収が低い事を自慢する経営者のありえない感覚

  4. 6人隔てたら誰とでも繋がれる【明日使える話のネタ】

  5. 【VLOG】コンサルタントを信用してはいけない!?

  6. 【VLOG】セミナーの後の過ごし方

  7. 【VLOG】「やる気を出せ」と言う人と「やる気のだしかた」を教えてくれ…

  8. あなたの0.017秒の変化に、相手は完全に気づいている