ハロー効果を活用する【明日使える話のネタ】

今日のVLOGのテーマは、「ハロー効果を活用する」です。

ハロー効果のハローは「後光」という意味です。
後光がさす、という時の後光ですね。

少しわかりやすく言うと、虎の威を借る狐とでも言いましょうか(笑)

たとえば、人を説得するときに、誰が言うかは結構大事です。
ある主張を、「自分の意見」としていうと、例えば親子関係の場合親は軽くしか見てくれないことがあります。
そのばあい、親も頭を下げるような「権威者」の言葉を借りるというのは一つの知恵です。

親が尊敬している経営者だったり、
双方が知っているとても素晴らしい知人だったり、
誰でもいいのですがそれなりに尊敬できる人の言葉として伝えると、態度が軟化することがあります。

このハロー効果、うまく使うと、様々なことがよりスムーズになるかもしれません。

詳しくは動画で。


■小冊子『なぜ親子経営では確執がおこるのか?~そのメカニズムを知り、後継者が”今”を打開するための5つのステップ[要約版]』無料ダウンロードはコチラ
■YouTubeチャンネルで動画配信も行っています!こちらをご覧ください。

関連記事

  1. 【VLOG】なぜ同族企業の後継者に向けた情報は世に出回らないのか?

  2. ビジネス書の書き方12 ゲラの朱入れと執筆の反省【執筆日記】

  3. 親の会社を継ぐ技術【影響を受けた一冊】

  4. 家業の跡継ぎといじめられっ子が陥りがちな状況 3つの共通点

  5. 【VLOG】終活という言葉に感じる違和感

  6. 【明日使える話のネタ】壁を越えて成長するために必要なものとは?

  7. 会社の業績はCEOの能力より偶然の影響が大きい!?【明日使える話のネタ…

  8. 【明日使える話のネタ】リーダーは強けりゃ良いってもんじゃない