【セミナーのご案内】メンバーがリーダーを追い越して走り出す組織を作る リーダーシップを楽々発揮する3つのスキル+1

終了しました。ご参加ありがとうございました。

リーダーがやる気を出せば出すほど、
メンバーはしらける!?

よし、やるぞ!

リーダーとして号令をかけて走り出す。
あれ?と思って振り向いてみたら誰もついてきていなかった。
ゾッとする話なのですが、リーダーが熱くなるほど、メンバーは冷淡な表情をリーダーに向ける。

7年前の私がまさにそうでした。
会社をこう変えていこう、新しい事をどんどん始めよう、
私が必死になればなるほど、チームの温度は氷点下に下がってしまう。
結局、「ついていけない」と一人、また一人と社員は去っていきました。

メンバーがみずから動こうとしない、
意見が出にくい、
なかなか社員が定着しない、
といった悩みは

恐らく私だけではないでしょう。

 

はじめ、私はそれを「採用のミス」だったと考えていました。
つまり、チームメンバーの人間性の問題だと思ったのです。
しかしどうやら、それは間違いでした。
なぜなら、リーダーである私がたった3つの事に気をつけるだけで、社内は劇的に変わったのです。
(前の社員は辞めましたので、人も変わってはいますが・・・)

具体的には、

●私が「この程度でいい」といっても、自分たちで「もっとやるべき」と積極的に案件に関わり始める
●「社長(私)にこんな仕事をさせていてはいけない」と社内から提案が出る。
●問題を隠そうとする体質がなくなる。
●社員が自分のやるべき仕事を自ら探しはじめる。
●社員は会社の外であたかも自分の意見のように、リーダーの言葉をコピーし語り始める。

など、殺伐とした会社が見る見るうちに変化していったのです。

その結果、業界ではあまり一般的ではない、私の考えを、チームメンバーがすんなりと理解し、あたかもそれを自分の考えのように語り始めたのです。

チームにおいて、DNAともいえる核となる考え方は非常に重要です。
このDNAの複製を誤ると、がんのように悪い細胞を増殖させます。
このDNAをきっちり作りこむには、リーダーの考えが素直に受け入れられる状況が必要となる事でしょう。
その一歩として、リーダーの信者を一人、また一人と増やしていくことはリーダーにとって重要な仕事です。

それまでのチームでは、何か新しいことを提案するだけで、即座に
「また、社長が変なことを言い出した。もう仕事がいっぱいなのにこれ以上勘弁してほしい」
という”冷気”が漂ってきたことを考えると驚くべき変化です。

 

とはいえ、です。
これが例えば、「リーダーたるもの、人格者たれ」なんていわれればオロオロしてしまいます。
そりゃあ、人格者になることができれば、誰だってなっています。
人間性の向上は、誰しもが必要なミッションです。
しかし、悠長に自分の成長を待っていられないのが、今おかれた環境でしょう。

ここで必要なのが、「選択と集中」です。
リーダーシップを発揮するために必要な要素を抽出し、そこに集中して行動する。
その事で、最短でチームの変化を作り上げることを目標とします。

 

まず必要なのが視点の転換です。
リーダーシップは、自分が発揮するもの、と考えてはいないでしょうか?
しかし、行動するのはあくまで、チームメンバーです。
リーダーがどれだけリーダーとしての主張をしたところで、チームメンバーがそれを認めなければチームは動きません。
自分がチームを動かすのではなく、チームメンバーが動きたくなる状態を作る事。
それがリーダーシップなのではないでしょうか。
いくらリーダーが力を駆使しても、メンバーの心が動かなくてはチームは成立しません。

 

メンバーが動きたくなる環境を作る。

そのために必要となる、3つのスキルと、自身の「信念」を作り上げる。
それが今回ご案内する、セミナー。

【セミナーの内容】

1日目

リーダーシップを発揮するには、自身の圧倒的な能力を誇示することが必要なのでしょうか?
いえ、恐らくそれではメンバーは引いてしまいます。
緻密に設計されたメンバーの管理をすることなのでしょうか?
そうすれば、見かけ上チームは動くでしょうが、モチベーションは急降下。
指示以上の仕事をメンバーが行うことは期待できないでしょう。

リーダーシップで誤解されている大きなポイントは、リーダーの力が組織を動かすと思われている点です。
この考えを改めない限り、思考停止のメンバーを量産することになります。
では、どうすればいいのでしょうか。
答えはシンプルです。
社員が働きたくなる状態を作る事です。

それは、おしゃれなオフィスや、自由な勤務体系なのかもしれません。
しかしそれはリーダーシップとは言えないでしょう。。
やるべきことは、リーダーがリーダーとして敬われ、メンバーがリーダーのために働きたい、と思う状態を作る事です。
その働きかけを行うには、3つのポイントがあります。

私の社内が崩壊寸前の時、意識したのはたった3つのことなのです。
それが結果として、メンバーのモチベーションを上げ、社内の風通しを良くしました。
今では、ちょっとのヒントを出せば、チームはある程度自分で動き出します。
その3つのポイントについて、より専門的にお伝えいただける講師を招きます。
そこで学んだことさえ実践すれば、チームのムードは劇的に改善するでしょう。
もし、社員が自分で考えて行動する組織を目指したいとすれば、この3つのスキルを知ることは大きな力となります。

2日目

リーダーが、そのリーダーシップを発揮する際、メンバーに未来を見せる必要があります。
チームが到達すべき、未来のポイントです。
この時に、そもそもリーダーがどういう人か、何を考えているか、人としての目標は何かをメンバーが知ることができなければ、チームワークは発揮が難しくなります。

ところで、リーダーがある目標を提示したとして、それがリーダーにとっての本当の目標でなければメンバーはどう感じるでしょうか?
ウソは必ずばれます。
そして、ウソをつくリーダーに人がついてくることはありません。
つまり、リーダーの信念が試されているのです。

実は、自分の信念というのは意外と自分でもわからないもの。
2日目の研修は、その自信の信念を浮かび上がらせ、それを表現する方法をお伝えします。
どれだけすばらしい考えを持っていても、表現できなければ伝わりません。
また、どれだけすばらしい表現方法を持っていても、本心でなければそこに魂は宿りません。

2日目の主題は、リーダーが自身の使命をしり、それを外に向けて表現する方法を学んで頂きます。

 

このセミナーは、原則として2日間で完結する内容となっています。
しかし、時間のご都合や、自身の状況に合わせて、各日程単発でのご参加も承ります。

もし、今あなたがとられている方法で上手くいかないとすれば、
やり方を変える必要があるのかもしれません。
別のやり方を知る機会として、本セミナーをご活用いただければ幸いです。

少人数のセミナーです。
また、現時点において二度目の開催の予定はありません。
もし、気になる方は今すぐお申し込みのご検討をおすすめします。

セミナーの詳細・お申込みはこちら

※後継者倶楽部会員の方は、別途メールでご案内した申込フォームからお申し込みください。

講座名

メンバーがリーダーを追い越して走り出す組織を作る リーダーシップを楽々発揮する3つのスキル+1

対象者

経営者、後継者(後継者候補も含む)、管理職

定員

10名

講 師

田村薫(主催者・当ブログ管理人)​
サンクリエイト株式会社 代表取締役
株式会社アウェイク 代表取締役

 

 

 

 

清家麻衣子
ドラマチック・スタイル 代表

・イメージコンサルタント
・ボディスタイリスト
・カラーセラピスト
・アロマセラピスト
・メディカルハーブコーディネーター
・ルームスタイリスト
・食生活アドバイザー・ネイリスト

 

満田弘明氏
ビジネス心理学NLPラボ 代表

・全米NLP プラティクショナー
・全米NLP マスタープラティクショナー
・LABプロファイル®プラティクショナー
・全米NLP トレーナー
・LABプロファイル®トレーナー
・交流分析士
・心理カウンセラー・行動心理士

日時

1日目 2017年12月1日(金) 13:00~18:00
2日目 2017年12月2日(土) 13:00~18:00

(2日を通じての学習をおすすめしますが、1日目のみ、2日目のみの参加も可能です。)

場所

大阪府豊中市本町3-7-78 サンクリエイト株式会社 3階会議室

阪急電車 宝塚線 豊中駅より徒歩7分

宿泊は、梅田近辺で取られるか、伊丹空港近辺で取られると便利です。
(阪急梅田駅より豊中まで急行で約13分)

募集人数

10名

受講料

2日間参加 50,000円(+消費税)
1日目のみ参加 35,000円(+消費税)
2日目のみ参加 35,000円(+消費税)

*後継者倶楽部会員の方は別途割引制度があります。詳細につきましては、ご案内のメールを差し上げますのでそちらをご参照ください。
*親の事業を継ぐ後継者・二代目経営者の方は当日後継者倶楽部にご入会いただくと、入会金が無料となる特典があります。

 

セミナーの詳細・お申込みはこちら

 

 

※後継者倶楽部会員の方は、別途メールでご案内した申込フォームからお申し込みください。

 

ツールバーへスキップ